浅間温泉よい処

信州百峠(浅間峠、三射神社春宮秋宮)

4月11日、快晴、気持ちいい日なので裏山の大音寺山へのトレッキング。
そこから横谷沢へ下ると御殿山へのトレッキングルートへつながります。

その時、一瞬ひらめきました!
そうだ! 私の最も身近、目の前にある峠を失念していたことに。
信州百峠を目指して3年目、浅間峠をアップしていませんでした。

浅間峠と言えば浅間の火祭りに大いに関係があります。
火祭りのたいまつ
たいまつ

これに火をつけて
燃え盛る

奉納します
たいまつ奉納

それが三射神社の春宮、秋の実りを感謝し、
IMG_7541

この火や煙に乗って神様が三才山にある秋宮へ移られます。
この火祭り(松明祭り)が前夜祭、10月第2土曜日に行われますが、翌日曜日、本祭りの主役は押鉾。
1410121

現在押鉾は浅間温泉に町を一巡するだけですが、昔は浅間峠を越えて三才山の秋宮まで練り歩きました。

今日はその浅間峠を越えてみます。
浅間温泉のメインストリート湯坂を上り
IMG_7543

横谷沢を左に折れると御殿山へのトレッキングルート、そこが浅間峠への入り口です。
IMG_7544

こんな道ですが、昭和30年代まで、スクールバスが無い時代には三才山の生徒が徒歩で通学していました。
IMG_7547

急坂を上ると御殿山の見晴台、
IMG_7549

IMG_7551

北アルプスが一望できます。
これを横に見て進むと
残念、倒木が道をふさぎバイクでは乗り越えられません。
IMG_7554 (2)

現在のルートへ迂回し、美鈴湖へ、
IMG_7557

ゴルフ場の脇を折れるとありました、浅間峠です。標高900m。
IMG_7559

古代から使われていた道のようですが、
IMG_7560

私が子供のころは、浅間温泉も三才山も本郷村。
自動車が無い時代には村内の主要道路でした。
私の足でも春宮⇒秋宮の間は1時間半ほどで行き来できました。

三才山の集落が見えてきました。
IMG_7561

三才山本村の突き当りに鎮座するのが三射神社の秋宮です。
IMG_7563

あの押鉾を担いでの登りは相当きついと思いますが、祭りと酒の勢いで登り切ってしまうのでしょう。
凄いことです。


余談ですが、2002年3月21日、大音寺山から御殿山にかけて大きな山火事が出ました。
火元は線香の火、その日は強風が吹き荒れ、それにあおられて山林一帯に広がったものですが、今日走った一帯も焼けてしまいました。
e88ad597

写真の左が御殿山、その日は風向きが山の方に吹いたため旅館街には火が来ませんでしたが肝を冷やされたことを思い出します。

走行距離はわずか19km、所要時間は1時間でした。



浅間温泉たいまつ祭事

毎年恒例の浅間温泉たいまつ祭り。今年は10月10日(土)の予定でしたが、
去年は台風の影響で中止、そして今年もコロナ禍で中止になってしまいました。

しかし、梅の湯と同友会浅間部会が去年造ったたいまつを今年奉納しようと1年間取っておきました。
IMG_6713

2年続けて奉納できないのも申し訳ない、しかしたいまつ祭りはやらないが御神火の火おこしは実施するという情報があり、それではこのたいまつを燃やして奉納しよう、ということで御神火の点火式に参列することができました。

10日の夕方、御射神社脇の奉納場所へたいまつを安置、本殿へ登ります。
IMG_6718

外から見た本殿
IMG_6722


いよいよ点火式、ご神火用舞錐を用意し
IMG_6728

岡宮の神主様の前で舞錐を回し始めます。
IMG_6732

弥生時代からあるという舞錐、皆さん汗みずくになりますがなかなか着火しません。
IMG_6761

何人もが交代しながら回します。煙は出ても火は起こらず、真綿に火が移りません。
やっとの思いで点火、
IMG_6762

それを神前に奉納、祝詞をあげます。
IMG_6766

総代が榊を奉納し無事に神事が終了。
IMG_6775


いよいよ御神火をたいまつに
IMG_6780

暗闇の中たいまつに点火、
IMG_6793

大きく燃え盛るたいまつにコロナ禍退散、家内安全を祈りました。
IMG_6814


同行した民俗学者市東さんが持参の仏像にたいまつの煙をかざし清めました。
IMG_6818


今までたいまつを担いだことはあっても、ご神火の点火式に立ち会ったことはありませんでした。
舞錐にて火を起こすことも初めて見聞でき、貴重なひと時でした。




私の健康、ストレス解消法

コロナ禍で世の中が逼塞状態です。
東京などでは外出制限、そして公園などは過密状態。
ストレスが溜まりますね、そして体も動かせない。

私は去年からスマホに万歩計アプリを入れました。
去年の7月が15,3万万歩 8月が13,5万歩、 9月が13,8万歩、 10月が11,7万歩、 
11月が17,1万歩、12月が11,3万歩でした。意識しないで歩いていればそんなもんでしょう。

そして新年に決めたことが、月あたり20万歩を目標にしよう!
なぜか?  1日に1万歩を歩くことが健康に良い、というような説がありましたね。
でも毎日1万歩はきつい!
そこで2日に1日は1万歩=月あたり15万歩、そして1日に3千歩なら意識しないでも歩いている。
ということで、15万歩+3千歩×15日=20万歩が無理のない線か、という計算です。

そして1月が22,4万歩、 2月が22,9万歩、 3月が21,3万歩と20万歩をクリアーできました。

4月に入り、コロナの緊張もますます強っていますが、今日で20万歩を突破しました。
IMG_4013

走行距離も140km、松本から山梨の大月位ですかね。塵も積もればです。

歩数や距離と共に楽しみなのが季節の移ろい。特に春は格別です。

山の小径にも新芽の芽吹き
DSC_1119

そして草も萌え始めました。
DSC_1120

桃の花?
DSC_1121

この日は浅間温泉から北洞を目指しましたが、南洞からの大滝山
DSC_1122

山一つ越えた北洞を目指す途中の山腹には古い祠?
DSC_1125

大日不動尊か? 後光が射しているようです。
DSC_1127

そして北洞からは常念岳が
DSC_1133

初めて目にした北洞への開道記念碑
DSC_1137

春の風物詩の田起こし
DSC_1142

水も張って田植えの準備
DSC_1140

もちろん桜ですが、ちょっと盛りを過ぎたかも。
DSC_1144


もう一つ、この春目覚めたのが河原歩き。
山道であれ、遊歩道であれ、舗装路であれ毎日のように歩いていては飽きもきます。
身近にあっても歩こうと思わないのが河原。
こんな整備された草地なら散歩も気持ちよいですが、
IMG_3904

この川を上流まで遡ったらどうなるか?
ということで橋の下をくぐって
IMG_3911

しばらく行くと芝生から雑草ぼうぼうの草地に、
IMG_3918

ここからが正念場、お滝です。
IMG_3924

小学校の低学年時、本郷小学校にプールがありませんでした。
水泳の授業はここ、お滝でやりました。

一級河川 女鳥羽川
IMG_3933

いよいよ荒れ地です、ワイルドですね。
IMG_3951

でも気持ちよさそうなビーチ?もあります。
IMG_3957

河原の典型的な風景、石ゴロゴロ
IMG_3971

そして今の時期、農業用水の取捨もたけなわ。
IMG_3970

水路が様々に変化して、ちょっと気を抜くと
IMG_3980

もっと上まで踏破するには長靴無しでは無理でした。

いつもは歩かない場所にも新たな発見がありました。
山の小径は傾斜がきつくて難儀ですが、河原歩きもそれに勝る歩きにくさ。
大岩ゴロゴロから足を取られる砂地もあり、見た目平坦な河原の歩き難さは山以上。

昨年から始めた峠走破の際に疑問に思っていたこと=昔の人は平坦そうな川沿いの道を作らず、なぜ険しい山の道筋を選んだのか?
坂道は登りでは苦労ですが、降りは楽ちん快適。また馬や牛に荷物を積んで石ゴロゴロの河原を歩くことは実際問題として不可能、牛馬の足を折ってしまいかねません。
また山はどれも変形ながら三角錐。土砂崩れは山の常備の一つに石から始まり、崩落に連れて山肌の広範囲な土砂を巻き込んで広域化します。
川も増水すると上流から下流域まで全て流されます。
よって、なるべく山の上部に道を作れば土砂崩れで流される道の距離は短くなる=復旧が短時間で終了、となるわけです。
古からの輸送路であった街道や峠も、その当時の経済に依存していたからには復旧に時間を取られず、安定した輸送力を求められていたことは明らかです。
こんなことも頭で考えただけでは分かりません、 自身の足で歩いてみると実感一入でした。

ついでに、河原にはこんな石が転がっていました。
IMG_3975

足で一撃を加えると
IMG_3976

堆積岩が風化して脆くなり、そのうちには砂になってしまうのか?

もう少し温かくなればバイクで峠探訪始めたいのですが、この頃の信州はコロナに加えて地震も心配ですね。

ということで私の健康、ストレス解消法でした。









浅間火祭り

今年も8日の土曜日に浅間温泉の火祭り開催!
今まで10月3日が定例でしたが、去年から第2土曜日に、松明を担ぐ人たちが土曜日のほうが集まりやすいということでしたが、盛り上がりはいまいち。  旅館は土曜日なら祭りが無くてもお客さんが入り込むので平日のほうが良いみたい、でも松明を運行する住民の側から見れば土曜日のほうが好都合。
皆の意見をまとめるのも楽じゃないですね!

という事情はともかく、わが社でも4名の勇者が参加しました。
DSC_0293


いつもの『梅の湯』さんは今年も事情があって松明を出さなかったので、今年は
DSC_0300

浅間会(せんげんかい)の松明に加わりました。
空手を教えている先生と信大の空手部やウエイトリフティング部のマッチョな人たちの集団で、全松明のしんがりを務めます。

松明の上で花火がさく裂!
DSC_0306


沿道の旅館からの差し入れはもちろん『山賊焼』
DSC_0315


浅間会の松明の凄いところは、最後の神社への最後の坂道を肩に担ぐ!
DSC_0328

いなせだが皆の息がぴったりと合わないとできない技です!

無事奉納も終わって万歳三唱! 去年は松明と一緒に浅間会の担ぎ手も危うく奉納されそうになったとか!
DSC_0343

秋を実感!

長雨が続いてしばらく山へ入れませんでした。
約10日ぶりに山へ行ってみると、今まで気づかなかったキノコがいっぱい生えています。

小さいが鮮やかな黄色のキノコ
きのこ1

食欲をそそるきのこ
きのこ2

ちょっとやばそう
きのこ3

これも毒っぽい?
きのこ4

松葉の間から異種同棲
きのこ5

中には腐葉土を突き破って生えてきた元気者も
きのこ6

花びらのような白いキノコ
きのこ7

これはなんでしょう?
きのこ8


キノコの名前がわかればもっと興味も沸くとは思いますが、そうすると地面を見つめるだけの山行になりそうで私の主義?からはちょっと外れてしまうので、と強がりを言って、採ることよりも撮ることに専念したほうがよさそうですが、     しかし図書館に行ってキノコの本を調べようかな!?

記事検索
プロフィール

hongokeiniku

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ