我が家のこと

とんだ災難

時は1月14日夕方、友人が経営している保険会社で。
二階で会議をするので、いつものように階段を元気に駆け上って行ったはよいが、スリッパが脱げかけて、アッ!という間に着地したのが私の頭。
不幸なことに、寒いからといってポケットに手を突っ込んでいたため瞬時の手つきができません。
階段の角に打ち付け、パックリ切れたおでこから鮮血がポタリポタリ。
洗面所をお借りして処置、バッグの中にはこんなこともあろうかと大判の絆創膏も常備していたので応急処置。
しばらく平気でしたが、そのうちにジワッーと眉毛に違和感が。

これでは持たない、会議を中座し相澤病院の緊急外来へ行く羽目になりました。

CTを受けたら脳内は異常なし、外科の先生に縫合してもらいました。
DSC_0897

丁寧に七針縫ってもらってとりあえずOK.

次の日に再診してもらったところ無事癒着、風呂で傷を洗っても良いそうです。
DSC_0929


24日に抜糸してもらい
DSC_0930

きれいな?おでこに戻りました。

(教訓)
①若いと思っても、微妙な足の上げ下げに老いが現れる。
②階段は走っての昇降をしない。
③手はいつでもフリーに、ポケットに手を突っ込まない。
④バイクでのケガも考えて、絆創膏以外にガーゼとテープを常備する。

やんごとなきトイレットペーパー

大分前に頂いたトイレットペーパー。
皇室御用達と書いていたので、もったいなくて使わないままになっていましたが、
IMG_8547


自分自身で体験してみました。
流石です!!!
2重重ねというのは知っていましたが、これは3重重ね!
そのうえ質感が全く別世界。
肌を包み込むような、しっとりとフィットする感じは別物です。

このふんわりした質感が分かるかどうか?
IMG_8548

写真で伝えられないことが惜しい!

やんごとなき方々も昔はこのような技術で作られた桜紙を使われていたのか? それが現代の洋式便所ではトイレットペーパーに姿を変えて脈々と生きているのか?!
使って流すのが惜しい体験でした。

宴の後、秋風吹く

我が家では、お盆の最中に八王子に住む義母と、大阪に住む娘家族が帰省しました。

いつもは4人家族ですが、この時だけはご覧の騒ぎ!
IMG_2384

総勢10人! とてもにぎやかで活気にあふれた1週間でしたが、

皆が帰ってしまうと
IMG_2386

ご覧のとおり、1週間の疲れも加わって、今私の胸には秋風が吹いています。

夏の記憶

お盆を迎え、少しだけ過ごしやすくなってきたこの頃です。

ふっと庭の足元へ目を向けると
IMG_2380

ぽつぽつと穴が開いています。

何だ?? と考えてしまいましたが、「そうだ! 蝉の幼虫が這い出してきた穴だ」と気が付きました。

あちらこちらにザッと見ただけでも100以上も開いています。
IMG_2382


確かに我が家の庭では蝉声の大合唱が続いています。蝉しぐれどころか蝉洪水のありさまでしたが、毎年我が家の木立で卵を産み、地中に潜って何年も育まれ地上にデビューした蝉がたくさんいたことを改めて実感した穴でした。

これから雨などによってこの穴も埋まってしまうかもしれませんが、この地中にも何百という蝉の幼虫が共存じていることを忘れないでおこう!

家でコロッケ

息子のリクエストで奥さんが張り切って家コロを作りました。

今ではコロッケはスーパー惣菜の定番、1個18円などという馬鹿げた安値のものも登場して、家でコロッケを作るなどという暴挙?はすっかり影をひそめましたが、敢えて挑戦したところに拍手を送ります。

ジャガイモを蒸して(この日は手を抜いて茹でていました)
IMG_1220


炒めた具材とミキシング、
IMG_1221


俵型にまとめて
IMG_1222


パン粉を付けて、
IMG_1223


揚げて出来上がり、衣の色はまだらですが食欲をそそられます。
IMG_1224


久しぶりの我が家のコロッケ、あっさりとしていていくつでも食べられました。
総菜製造を生業とするわが社ですが、一から我が家で作って出来たてを食べる幸せも捨てちゃいけないとつくづく思いました。

記事検索
プロフィール

hongokeiniku

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ