愛しい郷土

信州百峠(浅間峠、三射神社春宮秋宮)

4月11日、快晴、気持ちいい日なので裏山の大音寺山へのトレッキング。
そこから横谷沢へ下ると御殿山へのトレッキングルートへつながります。

その時、一瞬ひらめきました!
そうだ! 私の最も身近、目の前にある峠を失念していたことに。
信州百峠を目指して3年目、浅間峠をアップしていませんでした。

浅間峠と言えば浅間の火祭りに大いに関係があります。
火祭りのたいまつ
たいまつ

これに火をつけて
燃え盛る

奉納します
たいまつ奉納

それが三射神社の春宮、秋の実りを感謝し、
IMG_7541

この火や煙に乗って神様が三才山にある秋宮へ移られます。
この火祭り(松明祭り)が前夜祭、10月第2土曜日に行われますが、翌日曜日、本祭りの主役は押鉾。
1410121

現在押鉾は浅間温泉に町を一巡するだけですが、昔は浅間峠を越えて三才山の秋宮まで練り歩きました。

今日はその浅間峠を越えてみます。
浅間温泉のメインストリート湯坂を上り
IMG_7543

横谷沢を左に折れると御殿山へのトレッキングルート、そこが浅間峠への入り口です。
IMG_7544

こんな道ですが、昭和30年代まで、スクールバスが無い時代には三才山の生徒が徒歩で通学していました。
IMG_7547

急坂を上ると御殿山の見晴台、
IMG_7549

IMG_7551

北アルプスが一望できます。
これを横に見て進むと
残念、倒木が道をふさぎバイクでは乗り越えられません。
IMG_7554 (2)

現在のルートへ迂回し、美鈴湖へ、
IMG_7557

ゴルフ場の脇を折れるとありました、浅間峠です。標高900m。
IMG_7559

古代から使われていた道のようですが、
IMG_7560

私が子供のころは、浅間温泉も三才山も本郷村。
自動車が無い時代には村内の主要道路でした。
私の足でも春宮⇒秋宮の間は1時間半ほどで行き来できました。

三才山の集落が見えてきました。
IMG_7561

三才山本村の突き当りに鎮座するのが三射神社の秋宮です。
IMG_7563

あの押鉾を担いでの登りは相当きついと思いますが、祭りと酒の勢いで登り切ってしまうのでしょう。
凄いことです。


余談ですが、2002年3月21日、大音寺山から御殿山にかけて大きな山火事が出ました。
火元は線香の火、その日は強風が吹き荒れ、それにあおられて山林一帯に広がったものですが、今日走った一帯も焼けてしまいました。
e88ad597

写真の左が御殿山、その日は風向きが山の方に吹いたため旅館街には火が来ませんでしたが肝を冷やされたことを思い出します。

走行距離はわずか19km、所要時間は1時間でした。



信州百峠(才児(さいちご)峠、赤沢自然休養林)

思いがけず、本年最初の峠探訪が始まりました。
4月6日、同友会の総会が木曾の三岳にある釜沼温泉の大喜泉で行われました。
DSC_2258

ここの温泉は炭酸水素冷塩鉱泉、口に含むとわずかな炭酸が感じられます。またアトピーにも効くとか、夕方と朝に一回ずつ入浴しましたが、確かに痒みが収まった気がします。
夕食に派手さはありませんが、
DSC_2260

療養専一の宿らしく、地味な中にも真心が感じられました。
この宿は老夫婦で切り盛りしていましたが、旦那さんが死去、28歳の孫が昨年から入って、新たなチャレンジをしています。

翌7日、どうもこの宿の前を通る道、峠の雰囲気が感じられます。
上っていくと東大の木曾観測所があります。
IMG_7486

そこには名古屋大学が設置した、太陽から吹く風を見るパラボラアンテナ
IMG_7490

そして東大の105cmシュミット望遠鏡
IMG_7491

IMG_7493

が設置してあります。
開館は10時からということで残念ながら入館できませんでしたが、御嶽山がきれいに見えます。
IMG_7496


なおも上るとありました! 才児(さいちご)峠、標高1125m。
IMG_7482

木曽町三岳と上松町の境です。
才児とは上松側の集落の名称ですね。
IMG_7497


上松側へ降りると三叉路が
IMG_7498

おっ! 赤沢自然休養林へ行けそうです。
大きな土場が出現、焼笹土場
IMG_7523

ヒノキが大量に集まっています。
IMG_7500

脇には史跡小谷狩の留堰跡、上流から伐採した木材を川へ流す仕組みです。
IMG_7524

そして五枚修羅の跡
IMG_7504

修羅も木材を流す昔の仕組みです。
麝香沢
IMG_7507

木曾のヒノキの中でも上質な木が採れたようです。
姫渕
IMG_7509

などを通り過ぎると赤沢自然休養林
IMG_7513

今の時期はまだ休業中で人っ子一人いませんが、清涼な大気を満喫できました。
帰りに目にした川床は大きな一枚岩
IMG_7521

ここの下流の寝覚ノ床と同じような岩質が見て取れます。

上松の町へ降ると中央アルプスの景観が、
IMG_7526

そして上松の町
IMG_7530


上松から直接帰るのももったいない、ということで木曽川の右岸県道508号線上松南木曽線を中津川方面へ、カーナビにも載っていない新しく快適な道路です。
IMG_7531

途中には新上松土場もあります。
IMG_7536

外材に押されて衰退の林業ですが、上松は流石の本場です。
立派な木曾ヒノキが積まれています。

須原で国道19号線に合流、
IMG_7539

ここからはおとなしく帰りましょう。

峠を走ると思わなかったので走行距離など不明、でも思わない収穫でした。

どこから来たの?

散歩途中の里山で、
2021-02-17 08.53.11

こんなものが転がっていて!

鹿の前足⁉
里山とはいっても鳥獣侵入防止の電柵の内側(人里側)です。
ここ5年ほどで山野と人里が電柵によって仕切られ、それ以来人里側で鹿などを見る機会が殆ど無くなってきましたが、これはいったいどこから来た(運ばれた)ものなのか?

ここから20mほど行けば民家があります。
2021-02-17 08.54.30

飼い犬や飼い猫ではなく、小型の野生獣(キツネか狸か貂⁉)の仕業か?

数日後に同じ場所を通りましたが、残念ながら消えていました。

飛騨から木曽周遊,そして夜半の地震!

今年になってから初のブログアップです。
4か月にわたってアップしないと、新たにするのが億劫で、でもこのままにしてしまうと終わってしまう! それに春の息吹を感ずると信州百峠にも再挑戦し、150峠を目指してみたいという意欲も沸々とわいてきます。

ということで、3月10~12日に白骨温泉に連泊する、その中日の11日に、宿でゆっくり温泉と読書三昧を満喫するという奥さんを残して、白骨⇒安房を通って新穂高温泉⇒高山⇒長峰峠から開田⇒木曽町から木祖村⇒乗鞍高原⇒白骨へというルートで中部山岳を周遊しようと思い立ちました!

白骨からはスーパー林道が、国道とは別にありました。宿で確認すると「多分閉鎖されている」との答え、でも確認のため行ってみると
DSC_2167

やっぱりダメでした。

高速道路並みの安房トンネルを抜けても面白くないと安房峠へ、やっぱり冬季閉鎖中
DSC_2168

トンネルを抜けて平湯側の出口もこの残雪です。
DSC_2169


新穂高温泉で見たかったのがこれ! 新穂高ロープウエイからの光景です。
DSC_2172

穂高連峰の西側の壁、冬の雪壁と抜けるような青空が圧巻です。

ここから予定を変えて神岡周りで行くことに、遠回りにはなりますが、神岡⇒古川間を走ったことはありません。
去年高山⇒古川間は走ったので、ここは未知の道。
神岡と古川の間にあるすごう(数河)峠はまだ雪の中、
DSC_0002


高山では偶然のことに旨いそば屋を発見、
DSC_2178

「ざる蕎麦せと」バイパス沿いのそば屋ですが、こだわり満載
DSC_2180

岐阜県内の在来蕎麦4種類を食べ比べできます。それも半人前でオーダーできるので、私は3種をハーフで。
DSC_2182

最初に出たのが「飛騨そば」
DSC_2183

そして「桃源そば」と「寶そば」 私は飛騨そばが一等賞でした。
しかしどれも旨い! 蕎麦は信州が一番とは言えないですね。

高山からは乗鞍岳と御嶽山の間を抜けて開田高原から木曽へ出ます。
岐阜側から見る御嶽山、その左側を抜けていきます。
DSC_2186

長峰峠からは信州、開田高原からの御嶽山
DSC_2197


木曽町から木祖村へ、この頃になると運転も飽きてきます。
それではと乗鞍高原から白骨へ抜けることで飽きを一掃、
DSC_2201

西日に照らされた乗鞍、そこから白骨温泉へ、
DSC_2205

この日の旅程です、走行距離270km。
久しぶりに走れて爽快!

春になり、バイクで走れることが待ち遠しいですね。

ということで、夕食も美味しくいただいて、後は寝るだけ、という時間帯にグラグラときました。
昨年は上高地周辺で群発地震が多発、宿のマネージャーさんに朝聞いたところ、「昨年末からはほとんど揺れず安心しています」ということで安心していましたが、この期に及んで来ました!
その後も地震⁉ それとも上の階の人がお道化てる?
スマホの情報では震度2ということ、
私は何故か? 揺れに弱い体質化? その後も寝つけず、嫌になっちゃった。

菅江真澄の足跡(本洗馬釜井庵、小曽部川源流)

図書館で何気なく取った新刊本「日本の旅人 菅江真澄」
IMG_7279

菅江真澄とは江戸度中期に東北から蝦夷地を遊歴し、その時代の文物を後世に残した民俗学の先駆けになった人。
この本で菅江と信州の思いがけない縁を知りました。
東北へ旅立つ直前の天明3年(1783)から1年余りを、私の身近の塩尻の本洗馬を拠点として信濃各地に足を延ばしました。
本洗馬で住居としたのが釜井庵
IMG_7246

紅葉が見事でした。
IMG_7280

この釜井庵の左側の軒先を描いたのが
IMG_7249

この絵、七夕の風景らしいのですが、菅江と同じ風景を見ているというだけで充実感です。

本洗馬歴史の資料館が釜井庵に隣接してあります。
そこには菅江の信濃遊覧記
IMG_7237

そして興味深かったのがこの絵
IMG_7240

水戸天狗党の小説を読んだのはつい半月前、
OIPWBZFQQKX

その和田峠での戦いを描いたものが!
みごとに描かれています。これを描いたのは菅江の60年ほど後に諏訪で生まれた俳人の岩波其残、
元治元年11月20日、この日其残は和田峠の藪の中に潜んで天狗党と松本藩、諏訪高島藩との戦闘を実際に見て描いていたといいます。  今でいえば戦場カメラマン! 

釜井庵の庭先から妙義山城という、武田氏に滅ぼされるまでこの地を支配した三村氏の城跡もあります。
IMG_7230

ここから登れますが
IMG_7233

塩尻ではこの頃熊の出没が相次いでいますので私も止めておきます。

釜井庵の近くには、洗馬焼和平の窯元や
IMG_7257

立派なお寺ですね
IMG_7259

長興寺などを巡ったのち

本洗馬から小曾部へ、観音路隧道を抜けます。
IMG_7264

今の時代には珍しい片側通行、車幅ギリギリ!結構気を使いながら抜けます。
後でわかったことですが、この隧道は心霊スポットらしい、そんな雰囲気を漂わせる不気味さがあります。

小曾部は塩尻の奥地の洗馬のもっと奥、小曽部川に沿って上流を目指します。
地図上に峠は見受けられないので峠越えは叶わないようですが、行けるところまで行こう!

集落を抜けてかなり突っ込みます。
落ち葉に覆われた林道を上っていくと
IMG_7272

白滝入り口、
小曽部川も渓流に姿を変えます。
IMG_7268

さらに行くと
からたきの峯登山口、腹もすいたのでここで引き返します。
IMG_7275


今日の腹は蕎麦気分、
IMG_7276

洗馬の芳香庵みのるにて昼食。
天然キノコそば(中盛)1800円也、コウタケも入っていて香ります。
IMG_7278

を食べて体を温めて帰路に着きました。









記事検索
プロフィール

hongokeiniku

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ