愛しい郷土

菅江真澄の足跡(本洗馬釜井庵、小曽部川源流)

図書館で何気なく取った新刊本「日本の旅人 菅江真澄」
IMG_7279

菅江真澄とは江戸度中期に東北から蝦夷地を遊歴し、その時代の文物を後世に残した民俗学の先駆けになった人。
この本で菅江と信州の思いがけない縁を知りました。
東北へ旅立つ直前の天明3年(1783)から1年余りを、私の身近の塩尻の本洗馬を拠点として信濃各地に足を延ばしました。
本洗馬で住居としたのが釜井庵
IMG_7246

紅葉が見事でした。
IMG_7280

この釜井庵の左側の軒先を描いたのが
IMG_7249

この絵、七夕の風景らしいのですが、菅江と同じ風景を見ているというだけで充実感です。

本洗馬歴史の資料館が釜井庵に隣接してあります。
そこには菅江の信濃遊覧記
IMG_7237

そして興味深かったのがこの絵
IMG_7240

水戸天狗党の小説を読んだのはつい半月前、
OIPWBZFQQKX

その和田峠での戦いを描いたものが!
みごとに描かれています。これを描いたのは菅江の60年ほど後に諏訪で生まれた俳人の岩波其残、
元治元年11月20日、この日其残は和田峠の藪の中に潜んで天狗党と松本藩、諏訪高島藩との戦闘を実際に見て描いていたといいます。  今でいえば戦場カメラマン! 

釜井庵の庭先から妙義山城という、武田氏に滅ぼされるまでこの地を支配した三村氏の城跡もあります。
IMG_7230

ここから登れますが
IMG_7233

塩尻ではこの頃熊の出没が相次いでいますので私も止めておきます。

釜井庵の近くには、洗馬焼和平の窯元や
IMG_7257

立派なお寺ですね
IMG_7259

長興寺などを巡ったのち

本洗馬から小曾部へ、観音路隧道を抜けます。
IMG_7264

今の時代には珍しい片側通行、車幅ギリギリ!結構気を使いながら抜けます。
後でわかったことですが、この隧道は心霊スポットらしい、そんな雰囲気を漂わせる不気味さがあります。

小曾部は塩尻の奥地の洗馬のもっと奥、小曽部川に沿って上流を目指します。
地図上に峠は見受けられないので峠越えは叶わないようですが、行けるところまで行こう!

集落を抜けてかなり突っ込みます。
落ち葉に覆われた林道を上っていくと
IMG_7272

白滝入り口、
小曽部川も渓流に姿を変えます。
IMG_7268

さらに行くと
からたきの峯登山口、腹もすいたのでここで引き返します。
IMG_7275


今日の腹は蕎麦気分、
IMG_7276

洗馬の芳香庵みのるにて昼食。
天然キノコそば(中盛)1800円也、コウタケも入っていて香ります。
IMG_7278

を食べて体を温めて帰路に着きました。








自然の輪廻

久しぶりに近所の森を散策しました。
夏の間は暑いし、秋になったら熊の出没騒ぎもあって足が遠のいて3か月ぶりくらいです。

しかし森の小径に入って驚きました。
DSC_1793
DSC_1794
DSC_1796
DSC_1797
DSC_1798

以前には無かった倒木がわずか200m程の間にこれだけありました。
松枯れのせいで森が灰色になっていく比率が年々高まっていますが、
DSC_1800

枯れた松の木もしばらくは健気に元の姿を保っていますが、台風やちょっとした風雨に耐えきれず倒れてしまうのでしょう。

これを見た直後は、ブログの題名を「廃れた山」とでもしようと思いましたが、散歩の後半でイメージを変更します。
昔に倒れた松の切株、
DSC_1804

その断面は枯れはててコルクのようになっています。
ちょっと指の力を加えるだけでポロッと崩れます。
DSC_1820

倒れた後、チェーンソーでカットされ、放置された松の木はだいぶ分解が進んでいるようです。
DSC_1805

ここも、
DSC_1795

そして紅葉も美しい!
DSC_1802

ススキやコスモスも秋になれば必ず目を楽しませます。
DSC_1814


刈り取りが終わった田んぼでは稲わらが、来春田んぼに鋤き込まれるのを待っています。
DSC_1816


一服するために立ち寄った住吉神社では
DSC_1810

枯葉が賽銭箱に溜まっています。
DSC_1811

枯葉もまた大地に帰り、新しい命をはぐくむ糧になるでしょう。
フッと足元を見ると、靴紐に小さな草の種がビッシリ!
DSC_1813

これも私が動きまわるうちにどこかで芽を咲かせるのでしょう。


こうしてみると輪廻転生を思い浮かべますね。
廃れるだけでは終わらない、生命の力強さを感じるのは私だけでしょうか⁉

散歩から帰って作った雑キノコにゅう麺、
DSC_1822

このキノコや麺も私の体の中で新しい活力を作ってくれるのでしょう。






信州秋の味覚

信州戸隠から思いがけない品が届きました!
DSC_1769

秋の味覚=きのこです。
先日三陸へ行ったら松茸が豊作という話を聞き、実際に天ぷらも味わいましたが、信州は松林も大きく枯れて今年は松茸も高嶺の花です。岩手から買って来ればよかった、と悔やみましたが、

届いたキノコは、コウタケ、サクラシメジ、ショウゲンジ、ジコボウ、カンコウ等、
これらの雑キノコ、何で食べよう? 
信州ならこれ!  キノコと馬肉のすき焼き以外にありません。

コウタケ、?、?  袋から出したらコウタケ以外は判別つかず?
IMG_7178


GOOD! なことに信州(山梨?)産馬肉が手に入りました、それも肩ロース。それと和牛の艫(とも)サンカク。
DSC_1779


調理を始めたら今度は食べることに熱中、またまた肝心な写真を忘れましたが、キノコの微妙な味わいとあっさりした馬肉がマッチ、オイリーさが足りないと思ったら少し艫サンカクを追加して秋の夜長を楽しみました。

井出孫六氏を偲ぶ(私なりに)

10月8日、井出孫六氏が逝去されました。
IMG_6828

私にとっての井出孫六とは、私の信州百峠を決意させてくれた人。
IMG_6829

「信州百峠」、この本に出合ったのが最終的なきっかけです。

それではきっかけの元をたどっていくと、
①子供時代病弱な私は駆けっこはいつもビリ、そんな自分の裏返しとして早いものが好きになりました。
②最初は馬が好き、そのうちに自動車やバイクが好きになりました。
③16歳でバイクの免許、18歳で自動車免許を取って、自分で走らせるスピード感が、カーブでの遠心力がた  まらない魅力でした。
④自動車やバイクで走っているうちに、道から脇に伸びている間道に目が行き、この道はどこにつながってい  るのだろう? 通り抜けできるのかな? 
⑤実際に間道へ入ってみたり、地図を調べると思いがけないところへ出られたり、敗退することもたびたび。
⑥人類学や民族学、そして民俗学などに興味を持った私が出会った人が宮本常一
⑦その人の本で
IMG_7167

 「私の日本地図」を発見、その第1巻が「天竜川に沿って」、第2巻が「上高地付近」
 どちらも信州、昭和30年代の山深い信州を描いた本で、多くの峠とその果たしてきた役割が書かれていま  す。

そのあとに「信州百峠」と出会い、信州の峠に関する良い道標になるな! と購入し、実際にバイク(時には自動車)での探訪なりました。

井出孫六という名前は知っていましたが、もう一つ関連する見学をしていたことも思い出しました。
2年前の4月、中小企業家同友会の例会で佐久は臼田にある橘倉酒造へ見学に行きました。
ここは酒蔵でもあり、博物館でもありました。
写真が無いのでその際の案内を添付します。
IMG_7160

IMG_7161

IMG_7162

IMG_7163

IMG_7164

IMG_7165

江戸から明治、そして大正、昭和に至る政治家や文人墨客の書などが満載です。
それだけでも見る価値は十分にありますが、この酒蔵が生家であったのが井出孫六でした。
また井出氏の兄は三木内閣の官房長官を担った井出一太郎氏、姉が教育評論家の丸岡秀子氏です。

またまた今回知ったのは、橘倉酒造では「峠」という蕎麦焼酎を作っているそうです。
そのラベルを揮毫したのが井出孫六氏。

私の信州百峠達成のお祝いにこの蕎麦焼酎「峠」を取り寄せて
井出氏の著書を図書館で探しました。
「終わりなき旅、中国残留孤児の歴史と現在」
IMG_7185

綿密な取材と資料収集で満蒙開拓団で旧満州へ渡った長野県人の悲劇的な末路やその後が描かれてショックで、酒を飲みながらでは読めません。

また下記の井出氏の著書も見つけました。
IMG_7156

じっくり読んでみたいものです。









浅間温泉たいまつ祭事

毎年恒例の浅間温泉たいまつ祭り。今年は10月10日(土)の予定でしたが、
去年は台風の影響で中止、そして今年もコロナ禍で中止になってしまいました。

しかし、梅の湯と同友会浅間部会が去年造ったたいまつを今年奉納しようと1年間取っておきました。
IMG_6713

2年続けて奉納できないのも申し訳ない、しかしたいまつ祭りはやらないが御神火の火おこしは実施するという情報があり、それではこのたいまつを燃やして奉納しよう、ということで御神火の点火式に参列することができました。

10日の夕方、御射神社脇の奉納場所へたいまつを安置、本殿へ登ります。
IMG_6718

外から見た本殿
IMG_6722


いよいよ点火式、ご神火用舞錐を用意し
IMG_6728

岡宮の神主様の前で舞錐を回し始めます。
IMG_6732

弥生時代からあるという舞錐、皆さん汗みずくになりますがなかなか着火しません。
IMG_6761

何人もが交代しながら回します。煙は出ても火は起こらず、真綿に火が移りません。
やっとの思いで点火、
IMG_6762

それを神前に奉納、祝詞をあげます。
IMG_6766

総代が榊を奉納し無事に神事が終了。
IMG_6775


いよいよ御神火をたいまつに
IMG_6780

暗闇の中たいまつに点火、
IMG_6793

大きく燃え盛るたいまつにコロナ禍退散、家内安全を祈りました。
IMG_6814


同行した民俗学者市東さんが持参の仏像にたいまつの煙をかざし清めました。
IMG_6818


今までたいまつを担いだことはあっても、ご神火の点火式に立ち会ったことはありませんでした。
舞錐にて火を起こすことも初めて見聞でき、貴重なひと時でした。





記事検索
プロフィール

hongokeiniku

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ