愛しい郷土

信州百峠(104)長門町、星糞峠

5月26日はちょっと曇り空、渋御殿湯近隣を散策します。
宿の奥には神社や
20240526_082008

渋の湯ホテルの残骸、
20240526_082101

堰堤を渡ると
20240526_082444

天狗岳への案内
20240526_082501

そして登山路が続いています。
20240526_082614


白樺湖大門峠を越えて長和町へ、
IMG_6019

仏岩、険しい道を30分とありますので諦めます。
IMG_6020


道の駅マルメロの駅ながとのマルシェ黒曜
IMG_6024

そして菜の花館を見て回ります。
菜の花館には山賊焼や山賊焼バーガーが、
IMG_6027

有難いことです、わが社の山賊焼もラインアップ。
IMG_6028


パンフレットを物色、黒曜石ミュージアムを発見、その中に星糞峠の文字が。
確かブラタモリで放映していました。
峠の文字が目に入ったら行くしかありません。
もう一度国道152号線を引き返し、
IMG_6029

県道155号線に右折、
IMG_6031

鷹山ファミリー牧場もここにあります。
IMG_6032


明治大学黒曜石研究センター
IMG_6035

その奥にあるのが黒曜石鉱山展示室 星糞館
IMG_6037

ここで熊鈴をお借りして
IMG_6045

ゲートをくぐって星糞峠へ
IMG_6040

岩陰から熊が出てきそうですが、
IMG_6046

木段を上り、
IMG_6048

20分程で星糞峠(1483m)へ、信州204峠目でした。
IMG_6050

星糞峠の現在位置
IMG_6054

縄文時代に長野県には黒曜石原産地が集中し
IMG_6062

それが全国へと広がっていきました。
IMG_6066


星糞館に戻り、展示の一部。
星糞という言葉の由来
IMG_6068

石器時代の道具と現代の道具の比較
IMG_6072

旧石器時代の石器づくり
IMG_6073

など。

旧和田村側に下ります。
昼食は十割手打ちそば黒曜で
IMG_6082

野菜点セット大盛り2250円。
IMG_6084

で満腹、そのまま三才山トンネルを抜けて帰路につきました。

2日間の軌跡は
IMG_6085

この通り、思いがけない峠を二か所も行けたのは幸いでした。





信州百峠(103)北八ヶ岳、雨池峠、奥蓼科温泉

このところ天気の良い週末はどこかに出かけている気がします。
5月25~26日は奥さんの要望で茅野のバラクライングリッシュガーデンへ、
IMG_5933

そこに奥さんを置いて、私は北八ヶ岳ロープウェイに乗りに行きます。
IMG_5934

乗り場は広大な駐車場が広がっています。
IMG_5937

冬場はスキー場になっています。

ロープウェイは往復で2600円、
IMG_5942

眼下に雄大なパノラマが、
7分で山頂駅へ
20240525_131817


駅を降りると坪庭(2237m)、30~40分で一周できる散策路です。
IMG_5955

案内のパンフレットの右上に
20240602_134024

雨池峠と記してあります!

単純に山頂駅周辺を散策しようと思っていましたが、坪庭1周+雨池峠までのコースに変更。
横岳神社
IMG_5958

坪庭は溶岩ゴツゴツ、
IMG_5964

ハイマツが、
IMG_5965

ここの標高は2200m、通常ハイマツは樹林帯を抜けた2500m以上の高地に生えるものですが、ここでは高山性の樹林と共生している珍しい場所とか。

三分の二周したところから分岐が、
IMG_5971

木道を進んでいきます。
IMG_5975

縞枯山荘を過ぎ、
IMG_5988


木道の先が峠のようです。
IMG_5978

雨池峠(2242m)着、信州の峠203番目の峠です。
IMG_5979

峠の先、雨池まで行こうか?とも思いましたが、奥さんをピックアップする時間との兼ね合いで諦めます。
この先は木道が下りになっています。
IMG_5984


昼食は山麓駅まで下りないと食べられません。
山頂駅にあったパン屋で買ったあんこ入りクロワッサン小腹を満たし、
IMG_5985

ふと足元を見ると新鮮な足跡、どんな小動物が通ったのでしょう。
IMG_5987

縞枯山の上には飛行機雲、
IMG_5990

山麓駅の山菜そば800円、
20240525_133401


その後奥さんをピックアップして国道299号線を麦草峠(2127m)へ
IMG_6000

雨池峠から麦草峠へは稜線を辿っての登山道があります。
その一角の大石峠へ
IMG_6003

北八ヶ岳山頂駅とは全く違う樹林や苔に覆われています。
IMG_6004

大石峠(2152m)は去年の9月にも来ました。
IMG_6005


今日の泊りは奥蓼科温泉郷 渋御殿湯、
IMG_6011

渋辰野旅館、渋の湯ホテルは現在ありません。

天下の霊泉渋御殿湯
IMG_6012

大正5年の渋御殿湯、湯治宿です。
IMG_6014


細長い宿の建物の東と西の端にそれぞれ湯殿があります。
西の湯はカラン付き、ここでは体を洗うことができます。
湯槽は二つ、一つが源泉で単純酸性硫黄泉、白濁しています。泉温26℃
20240525_162840

もう一方は普段木製の蓋で覆われています。
入るときは蓋を開けて、ここは温泉ではなく井戸水を加温して適度な温かさ。
20240525_162835

温泉利用の注意
20240526_063736


東の湯は湯槽が3つ、
20240526_064109

手前右は普通の加温槽、
奥が渋御殿湯(26,3℃)西の湯と同じようです。
20240526_063902

左が渋長寿湯(31,1℃)
20240526_063853

このお湯は足元から噴出する一風変わった温泉です。
この三つの温泉に交互に入ります。

夕食は質素ですが我々には充分。
20240525_175730

この宿は天狗岳への登山口にあります。
この宿も癒しの宿というより山小屋のような立ち位置のようです。
廊下には部屋でラジュスやコンロで火をたかない、などという注意書きもあります。

今日の収穫は新しい峠に出会えたことでした。
車の走行距離は125kmでした。








信州百峠(100)稲核林道、奈川入山、あぐり奈川

4月26日、この日は快晴そして暖かい。
常念岳もクッキリ、
IMG_4974

こんな日こそバイクの初乗りと行きましょう!
IMG_4999

2019年の6月に購入したこのクロスカブ、思えば5年近く乗ったことになります。
県内の峠中心に走って走行距離は14000km。そんなにこき使ったせいか、この冬でバッテリーが完全に上がってしまいました。
バッテリーも含めて整備をしてもらってとても快調になりました。

奈川でNPOを設立して過疎地の農業振興を目指す「あぐり奈川」の田中さんを訪ねましょう。
青い空に飛行機雲、ちょっと寄り道をしながら。
IMG_4975

バス停安曇支所前の先で左の梓川へと下ると
IMG_4977

雑炊橋を渡り、橋場集落を抜け
IMG_4978

道祖神の鎮座する稲核林道へ入ります。
IMG_4980

しばらく登りが続き、その先に何か? 20mほど先にカモシカ?
IMG_4984

にらみ合うこと30秒。
IMG_4985

らちが明かないのでこちらから1m出ると1mさがり、そのうちに身をひるがえして谷へ下りていきました。

稲核ダムが木の間に見え隠れ、
IMG_4988

林道の最高地点から
IMG_4991

下りになってホッとします。
IMG_4994

稲核の水場、旧鎌倉街道の貴重な水分補給所だったことでしょう。
IMG_4996


稲核林道に続き旧鎌倉街道と思われる旧道へ寄り道したいと思います。
IMG_5000

国道を左へ、大白川林道はチェーンが絡んでいます、しかし施錠はしていないので入れそう。
でも入っている間に鍵をかけられたら出ることができません。
IMG_5001

勇気が無いので国道に戻り、現在建設中の大白川トンネルを経て、
IMG_5003

入山への道を左へ取ります。
IMG_5005


何と!大白川林道の反対側(大白川林道の支線)が全開です。
IMG_5010

入っていこうと思ったら、奥から軽自動車が出てきました。
「入っていいですか?」「釣り客などが無断で入っているようですが本当はだめ!」
IMG_5011

ということで目の前で施錠されてしまいました。
IMG_5014

許可車両以外は入れないようです。

それではということで反対方向=入山方面へ、
IMG_5015

こちらの路面も怪しげ、バイクだから通り抜けられますが。
IMG_5019

やはりダメ、自転車なら担いで行けそうですがバイクも無理。
IMG_5020


引き返し、奈川渡ダムの側へ回り込んでみます。
IMG_5024

宮ノ下トンネルの右側を上って入山へ、

入山分岐の「道」の碑
IMG_5028

碑文に込められた住民の思いが表現された文章で感激です。
IMG_5029

分岐を左、先ほど通れなかった地点に近づけるかな?
IMG_5026

やはり怪しいムードが漂ってきます。
IMG_5030

ついに!これでは自転車でも不可能です。
IMG_5031

あとで調べたところ、この未通の空白地域は約200m、これだけの崩落や倒木が残置されていることは、この道(旧野麦街道)も廃道の運命を辿るのでしょうか?

ここで引き返し、黒川渡方面へ旧道を行きます。
直進が野麦街道、左へ上ると御殿桜やクラインガルテンがあります。
IMG_5033

御殿桜はショボショボ、
IMG_5035

クラインガルテンも人気なく、
IMG_5039

その先にはホンダカーズの森
IMG_5044

大したことは無さそうと引き返しましたが、後で調べるとこの林道を尚も進めば黒川渡に行きつけるかも。
新たな課題となりました。

引き返し、野麦街道入山宿、
IMG_5051

入山宿旅籠松田屋
IMG_5053

その案内板
IMG_5056

板葺き石置屋根の出し桁造り
IMG_5061

その先、通行止めが出ていた通り通り抜けはできないようです。
IMG_5060


宮ノ下トンネルの分岐へ戻る途中、埋められたトンネルに不思議を感じました。
IMG_5065

これは旧宮ノ下トンネル? 
現在の宮ノ下トンネルは広くて快適ですが、このトンネルはどこに通じている?
宮ノ下トンネルと次の橅の木隧道の間の空間
IMG_5067

そこに木の葉に埋もれた旧道がありました。
IMG_5066

ここに通じていたのか?
その証拠が橅の木隧道に入って10m程にあった段差、
IMG_5070

ここから先はトンネルの大きさが急に狭くなっています。  なんとなく腑に落ちました。

野麦街道の出口、
IMG_5073

ここには水没記念碑が、
IMG_5075

奈川渡ダムができて水没してしまう角ヶ平集落の記念碑ですが、後で会う田中さんの先祖もこの時の移住で村を後にしたとか。

寂しい村にユニークなパン屋さん、製材所のパン屋。
IMG_5083

入口はごく普通の民家の玄関。
IMG_5084

でも開けて入ると素朴ながらも多種多様なパンで一杯です。
IMG_5085

あれこれ迷いながらも買ったパン。
IMG_5115

カンパーニュ、塩バタフランス、甘いリンゴをたっぷり入れたシナモン風味のパンも買いました。

気づくと13時、奈川そば福伝へ、
IMG_5086

とうじそばもありましたが今日はもりそばに、
IMG_5090

何気なく食べたもりそばの美味いこと!
ここ奈川には奈川在来種というそばがあり、
IMG_5091

これが美味しさの秘密! 地元では300年の歴史があり、普通のそば粉に比べて収量は少ないものの味が詰まっています、ということのようです。
写真を撮るのも忘れて完食してしまいました。

ここでこんな看板に出会いました。
IMG_5093

松本市奈川歴史民俗資料館、探してみましたが見つかりません。
峠を探ったり博物館や資料館を覗いてみるのが旅の醍醐味ですが今日はあきらめます。

それではと思い立ち、上高地乗鞍スーパー林道は開通したかな?
ガソリンを給油する際に聞いてみたら「開通は明日だよ」とのこと。
一応ゲートまで行ってみます。
この道を右折すればスーパー林道、そして白樺峠のはずです。
IMG_5096

やっぱりゲートは閉ざされていました。
IMG_5095

1日だけ早すぎました。

奈川温泉の源泉、温かくはない冷鉱泉です。
IMG_5099

残念ながら旅館は休業中でした。

今日の目的地「NPOあぐり奈川」本部と田中理事長さん。
IMG_5103

松本での事業を後進に譲り、奈川地区の休耕地開発を今年からスタートさせました。
単身で若い人2人と奈川に移り住み、ここを拠点に100枚近い畑を管理運営するとのこと。
本部の隣にも奈川温泉の源泉が、
IMG_5106

旅館が休業中のため、この源泉も生かされていないそうです。
そして彼の生きがいがこのスズキスイフトスポーツ6段マニュアル。
IMG_5104

週1回松本へ出るときに運転するのが楽しみだそうです。

準備中の圃場を見せてもらいました。
思ったより整備された畑です。
IMG_5108

地元の人が畔の草刈りなどやってくれて、防護柵でイノシシなども防いでくれています。
若い人がトラクターで準備中
IMG_5111


100枚の畑で、奈川在来そば、キャベツ、野沢菜、トウモロコシ、荏胡麻、保平かぶなどを考えているそうです。

あぐり奈川頑張れ!  です。

この日の旅程はこの通りです。
IMG_5192


























信州百峠(99)203峠目 養老坂

4月19日、久々の信州百峠です。
200の峠をクリアーするとさすがに新たに発見できる峠は少ないものです。

そんなときに目にした本が「塩の道」田中欣一著。
20240113_110655

今年度、田中先生の講座「閑吟塾」を受講することになり、先生の著書を読んでみたいと探している際に出会った本です。
塩の道とは糸魚川から松本まで日本海の塩を流通させるための道ですが、本の記述の中に松本から城山をまたいで犀川河畔に至る峠らしき高まりに養老坂という名称を発見しました。

先日大鹿村へ行った際にも目にした越路という地名にも養老坂にも峠という字は使われていませんが、どちらも峠をイメージさせる名称ではあります。

というわけで、その松本側の入り口である岡田の塩倉池からスタート。
IMG_4535

池の向こう、斜め右へ登っていく道がこれ、
IMG_4536

道の際には道祖神、街道筋らしい風景です。
IMG_4542

その先を直登すると芥子坊主山、左へと下る農道が旧塩の道?
IMG_4544

下ると山田や松本トンネル西口へと続く道に合流。
100mほど先を左折する小径があります。正面左のくぼんだ所が養老坂か?
IMG_4545

数軒の家があります。
IMG_4548

老根田縄文遺跡跡とあります。
IMG_4550

さらに行くと空が開けました。
IMG_4551

どうやらアルプス公園の一角に出たようです。
IMG_4552


右が芥子坊主山
IMG_4553

左山の神
IMG_4555

そして直進が養老坂とあります。
IMG_4557

ここが峠のようですが、峠と名付けるよりその先の急坂が名の由来か?

かなり急こう配の下り坂です。
IMG_4564

急こう配の上道幅も極めて狭い、この先倒木などで道がふさがっていれば登り返しは極めて困難になります。バイクにはスリル満点の道。
IMG_4565


幸いにも間もなく下に舗装路と東屋が見えました。
IMG_4567

そこで一息、その時ハイキングを楽しんでいた二人連れから「え~、この坂をバイクで下ってきたの!」と驚かれ、なおかつこの道は遊歩道だからバイクはだめよ、と言われてしまいました。

そこでバイクは置いて南へ、
IMG_4569

森の里広場
IMG_4570

逆に北へ行くと程なく駐車場です。
IMG_4576


駐車場の案内板でよく見ると、東屋から下へと道がありそう
IMG_4578

引き返し、東屋の下に道らしき跡が、
IMG_4584

倒木の下からは道が崩落、草むらの陰に消えていました。
IMG_4585


これで養老坂は終了、帰りには枝垂れ桜が咲き誇っていました。
IMG_4587



高遠城址の桜

4月7日に行った大鹿村、その時の友人一行は8日に高遠の桜を見に行くという。
まだ高遠は咲き始め、私は満開になってから行こう!

11日に高遠の桜満開宣言が出たので、12日に奥さんと行くことに。
IMG_4499

有料駐車場までは車の渋滞が続くので、壬生川沿いの無料駐車場に車を停めると満開の桜がたわわに咲き誇っています。
IMG_4505


城址までのきつい登りを登って、高遠城の一角にたどり着き、
IMG_4507

ちょうど昼時、奥さん手作りの花見弁当を食べ、
IMG_4509

食後の一服で空を見上げると、青い空に桜のアーチ。
IMG_4515


城址公園に入り、
IMG_4517

有形文化財の高遠閣にて入園料600円也を払い入場。
IMG_4519

天下第一桜
IMG_4524

そして天正10年の武田氏と織田軍の高遠城の戦いの地、
IMG_4527

京へと上る武田信玄が三方ヶ原の戦い後に亡くなり、勝頼も設楽ヶ原で敗退し、いよいよ武田氏最後の抵抗の地となった高遠城。
城主仁科五郎盛信ら3000の守将らと織田信忠5万の軍が激闘を重ねた城址です。

ここでも最高の桜を愛でることができました。
IMG_4530



記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

hongokeiniku

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ