見聞録

日本周遊の旅(摂津国)西国街道、萱野三平、教學寺、箕面ビール

連休中の5月3~5日は娘一家の住む大阪の箕面へ、3日間の見聞です。

一つのテーマは高級スーパー、
この頃取引が始まったパントリー、
新大阪のお店
20240503_133640

そして同じくパントリー千里藤白台店、
20240503_141920

嬉しいことに、わが社の肉団子もコーナーに陳列
20240503_141358

店長さんに感謝を伝えます。
このお店はまだ開店1年にならないそうです。

この日の夜は美々卯へ、うどんすきの美味しい店。
20240503_202317


3日、美々卯に行くとき見かけた気になる標識
20240503_175714

歴史の道西国街道、そして萱野三平旧邸を探すことにしました。

今回の旅は連休中で道路が混みあうため、自動車はあきらめ新幹線で来ました。
4日は娘宅から近いとはいえ坂道の多い箕面、娘のアシスト付きママチャリを貸してもらいました。
20240504_101533

初めてのアシスト付きの自転車です。

西国街道、京都から下関や大宰府へと延びる街道、そんな風情が感じられる町並みです。
20240504_090032

20240504_090215


その町並みの中に萱野三平旧邸、これは長屋門。
20240504_090605

角には説明文が、
20240504_090303

萱野三平とは赤穂浪士が四十七士と言われる中で四十八番目の志士と言われる人物。
ここ萱野の生まれで、年若く赤穂家の中小姓として出仕しました。
浅野内匠頭切腹後、志士の仲間に加わりましたが、父の反対にあい、主君への忠義と父への孝行の板挟みによって、この地で自刃しました。

「涓泉亭」箕面市立萱野三平記念館
20240504_101525

萱野三平の系図
20240504_102133

長屋門を内側から
20240504_102402

そこに萱野三平が自刃した部屋があります。
20240504_102413

俳句を嗜んだ三平が辞世の句として残した「晴れゆくや 日ごろ心の 花曇り」
20240504_102442


自邸の裏、千里川を渡った丘の上には、
20240504_103005

萱野三平墓碑
20240504_103158


昼食は箕面駅近くのモンキーヒル、昔懐かしい洋食屋さん。
20240504_124139

合のりセット、ハンバーグとエビフライの相乗り、唐揚げも付いてで2000円。
20240504_120309

ボリュームがありすぎて孫に手伝ってもらいました。
ちなみに、店頭にあった典型的な洋食屋のサンプル。
20240504_124057


夕食は庭でバーベキューというので、お隣のイカリス-パーでお買い物。
ここも関西では名高い高級スーパー、孫のためなら奮発するか!
20240504_124216


午後はまたして西国街道散歩、
教學寺、浄土真宗本願寺派のお寺ですが、地元ではカルピスを創業した三島海雲の生誕地。
20240504_135714

三島は雑貨商としてモンゴルを旅した際、そこで出会った酸乳の健康への効果を体験し、製法を日本へ持ち帰ったということです。
20240504_140103

20240504_135748


その後も散策を続けると、何やら大きなタンク。
20240504_140609

建物の中を覗くと、
20240504_140709

何やらの注入機のようです。
会社の人がいたので聞いてみたら「箕面ビール」の瓶詰め工場。
親切なことに醸造所や
20240504_140855

直営店まで案内してくれました。
20240504_141152

直営店はお客さんで満杯! 
20240504_141541

重いですが6本セットをお土産に買ってきました。
20240504_143456


夜は庭でバーベキュー、イカリスーパーで買った肉、かなり贅沢ですが3人の孫のためならば!
1715043220531

昔はじじが汗をかきかき調理してやったものですが、孫も大きくなって全てお任せ。
1715043245657

焼き具合やサーブするタイミングでは「イラッ」とすることもありますが、任せたからには口を出さないです。
これも経験の積み重ね、でもそれなら安い肉でもよかったかも。

最終日の昼食は千里中央地下街でたこ焼、
20240505_112157

11時には行列です、店内も一杯。
20240505_112333

メニューはたこ焼のみ。
20240505_112114

一粒食べてから写真を思い出しパチッ、
20240505_115030


孫の顔を見に行った3日間ですが、思いかけない経験ができて大満足。
IMG_5194

3日間の行動範囲は東西南北2km程の狭い地域でした。








信州百峠(101)駒越林道、王ヶ鼻、武石峠

4月28日も晴れました。
今日も裏山の美ヶ原へチョコっとツーリングに出かけます。
IMG_5117

さて、駒越林道は開いているかな?
IMG_5118

入山辺の寺所から千手、春祭りの準備でしょうか?
IMG_5120

駒越を通って
IMG_5121


幸い駒越林道のゲートはオープンしています。
IMG_5122

最初は快適な舗装路、路面も平滑で再舗装されたようです。
IMG_5126

しかしそのうち大岩が転がって、
IMG_5128

皆伐された斜面に出ました、この辺りも松枯れの被害があったのでしょうか?
IMG_5129

気持ちの良い杉並木を通り抜け、
IMG_5130

そろそろ空が開けてきました。
IMG_5134

最後のガレ場を抜けると美ヶ原台上。
IMG_5139

駐車場にバイクを置いて、
IMG_5142

美ヶ原自然保護センター
IMG_5143

内部はこんな感じ、見学者は私一人です。
IMG_5144


今日は王ヶ鼻へ行ってみます、片道1,5kmほど。
IMG_5147

この道は王ヶ頭ホテルや電波塔保守の人しか車両乗り入れができません。
IMG_5148

左王ヶ頭、右が王ヶ鼻
IMG_5150

松本市街からも望める電波塔を右に、
IMG_5152


いよいよ山道らしくなってきましたが、
IMG_5155

そこからはあっけなく王ヶ鼻です。
IMG_5156

足元は板状節理
IMG_5157

自然保護センターで見たものです。鉄平石と呼ばれ、昔は鉄平石焼などと言われた焼肉の鉄板の代わりに使われたり建築材料として活用されていました。
IMG_5178


王ヶ鼻から松本、北アルプス方面を見渡すと、
IMG_5163

先ほど登ってきた入山辺からのルートが俯瞰できます。
通ってきた皆伐された林地もハゲのように、
IMG_5168

王ヶ鼻の高まりを仰ぎ見て、
IMG_5170

登山道は鉄平石の破片が積み重なって足元がとても不安定。
IMG_5172


こんなショートツーリングで、林道美ヶ原を帰ってきました。
台上からの穂高連峰や槍ヶ岳、
IMG_5179

美ヶ原公園林道沖線は未だに閉鎖中、もう何年になるんでしょう!
このまま未通のままで終わるのでしょうか?
IMG_5181


今日の旅程はこんな感じでした。
IMG_5193










日本周遊の旅(尾張②)小牧山、明治村、岐阜かがみはら航空宇宙博物館

4月21日は曇り空、午後からは雨も予想されています。
ホテルが小牧山の山麓にあり、
IMG_4778

どうも昨日登ったのは搦め手のようで、大手口は反対側、
20240424_145603

発つ前にもう一度小牧山にチャレンジ、小牧山バス専用駐車場から、
IMG_4780

ありました、ここが大手口のようです。
IMG_4782

木立の中の階段を
IMG_4784

観音洞
IMG_4785

ここにも虎口が、
IMG_4788

そして小牧山歴史館の正面に出ました。
IMG_4790

あの高速の手前がホテル、そうして高架の下が昨日の居酒屋です。
IMG_4792


信長時代の石垣の名残
IMG_4795

日曜の朝だけあって散策やランニングをする人も多いです。
IMG_4796

麓には間々観世音菩薩
IMG_4797


どうやら小牧インターから東名に乗ったようです。中央道の小牧東インターへと迂回して、昨日来た道を今度は左、明治村へ。
IMG_4801


明治村、到着は開園9:30の前。
IMG_4802

その沿革
IMG_4803

パンフレットをもらい
20240424_145743

広大な村内へと入りますが、到底1日では回り切れません。
今日は1~3丁目くらいかな?

聖ヨハネ教会堂
IMG_4813

その内部
IMG_4815

学習院長官舎
IMG_4816

乃木希典がお出迎え、彼は一時学習院の校長をしていました。
IMG_4818

西郷従道邸
IMG_4819

ここでもお出迎えを受けました。
IMG_4822

晩さん会のテーブルが準備されています。
IMG_4824


森鴎外や夏目漱石が暮らした住宅、
IMG_4825

台所は明治の雰囲気、私の幼かったころのイメージに重なります。
IMG_4829

漱石の書斎、猫が鎮座しています。
IMG_4835


三重県庁舎
IMG_4847

北里研究所
IMG_4865

西園寺公望公が静岡の興津で暮らした「坐漁荘」
IMG_4869

幸田露伴の「蝸牛庵」
IMG_4873


京都市電も動態で客を乗せて走ります。
IMG_4879

明治天皇の御料車
IMG_4889

当時の普通の車輛は2軸ですが、これは3軸で乗り心地が良かったそうです。
IMG_4891


私は最初の建物=大井牛肉店が気になっていました。
そろそろ11時、開店の時間です。
IMG_4892

どうやら私が口開けの客、2階への急な階段を登ります。
IMG_4895

卓の炭鉢で火を起こしてくれました。
IMG_4896


メニューは牛鍋、肉は飛騨牛です。
サーロイン120gが6000円、肩ロース120gが5000円、モモが140gで5000円。
私はモモをオーダー。
IMG_4893

炭が熾り、玉子は双子です。
IMG_4898

盛り付けられた材料が、
IMG_4900

鍋の底に砂糖を、その上に牛肉を並べてくれます。
IMG_4901

IMG_4905

肉に火が通ったらわりしたを、
IMG_4906

火の通った肉を脇に重ねて、ネギや白滝、そして焼豆腐や麩を入れます。
IMG_4908

白飯も揃い、あともうちょっと。
IMG_4912

さすが飛騨牛、霜降りの脂身が透けて見えます。
IMG_4914

贅沢に飛騨牛の肉巻きご飯。
IMG_4915

お腹いっぱい、いただきました。
IMG_4916

デザートは別室で、さっぱりとシャーベット。
IMG_4920

ふと窓枠を見たら、明治時代にこんな滑車付きの(近代的な?)窓枠があったんだ!
IMG_4922

店の人に聞いたら当時のままだと思います、とのこと。

我が家にも牛鍋をする真鍮製の鍋がありますが、
20240422_073116

今日のような関西風牛鍋をしたことが無かったのでお蔵入りでしたが、今日の経験からチャレンジしてみよう、と思います。

お土産は明治村コロッケ、芋、挽肉、海老の3種です。
IMG_4926




続いては各務原へ、各務原は犬山市の木曽川を隔てた対岸にあります。
IMG_4927


岐阜かがみはら航空宇宙博物館
IMG_4929

目を引くのは新明和のUS-1A救難飛行艇
IMG_4938

日本が開発、実用化した初の水陸両用機ですが、そのフロート部分にも工夫が凝らされています。
IMG_4935


どうしても見たかった陸軍の三式戦飛燕、
小学生のころ、このプラモデルで遊んだものです。
IMG_4949

日本の戦闘機には稀な液冷倒立12気筒エンジンはドイツのダイムラーベンツの技術供与でできたもの。性能は良かったもののエンジンの信頼性や整備性が悪く整備士は苦労したとか。
IMG_4957


飛燕の向こうには十二試艦戦、これが正式採用されて零戦になりました。
IMG_4962

こんな角度で見る零戦は新鮮。
IMG_4966

実は十二試艦戦、我が家にちょっとした縁があります。
遠い親戚で海軍航空技術廠の真木大尉が、ここ各務原で十二試艦戦のテスト飛行をして、プロペラを2枚から3枚へ変更したりという改良を施して制式の零戦になったということが
IMG_4969

零戦の設計者堀越二郎の本に出ていました。
また宮崎駿の「風立ちぬ」でもそんなシーンがありました。

多くの航空機の展示スペース
20240421_134135

ロッキードF104J
20240421_133425

はエンジン単発
20240421_135605

その後継機F-4ファントムは
20240421_133502

双発エンジン
20240421_135541


H-2ロケットのフェアリング
20240421_134623

やエンジンも
20240421_134647


ここも明治村も広大です。
ぜひ再訪してじっくりと見て回りたいものです。
この博物館らしいお土産を見つけました。
20240421_173547

宇宙食、たこやき、海老グラタン、レアチーズケーキ、名古屋コーチンの味噌煮、そしてハンバーグ。トータルで5848円は高額ですね。

2日間で走ったルートは
IMG_4971

走行距離は498kmでした。












日本周遊の旅(尾張①)日本モンキーセンター、犬山城、小牧城跡

奥さんが実家に行ってくるという4月20~21日、「どこかへ行かないの?」と聞かれて、それではと知多半島へ行こうか? と思い旅館を探しましたが、お目当ての旅館は満室ということで別ルートを企画。

以前から行ってみたいと思っていた日本モンキーセンターと犬山城、そして小牧城跡を周ることにしました。言ってみれば尾張の北部ですね。
4月20日は晴れ。
中央道を行きます。
阿智で休憩
IMG_4591

次の内津峠では
IMG_4593

金のとりから、シングルで350円をゲット。
IMG_4595

鶏の胸肉を細長く切ったものに細かいパン粉をつけて揚げています。

小牧東で高速を降りて
IMG_4596

犬山市へ
IMG_4598

尾張パークウエーで
IMG_4599


日本モンキーパークに隣接した日本モンキーセンターへ、
IMG_4603

ここは駐車料金1000円、入園料が1200円。
最初はビジターセンター、特別展は音声展です。
IMG_4605

猿のはく製
IMG_4607


音声展では声をつくる器官
IMG_4611

様々な猿の様々なシュチュエーションでの音声を聞けました。
IMG_4612


アウストラロピテクスアファレンシスの骨格見本
IMG_4616

アウストラロピテクスといえばルーシーが有名、以前買った本があります。
20240427_151745

ゴリラの骨格やはく製
IMG_4618


ビジターセンターを出て、飼育種数世界一という50種以上700頭の霊長類を見て回ります。
20240424_145357

ワオキツネザル
IMG_4621

ワタボウシタマリン
IMG_4633

マントヒヒ
IMG_4650

ゴリラはごろ寝、
IMG_4664

マンドリル
IMG_4677

チンパンジーは巨大遊具で寛いでいます。
IMG_4680


昼食はワオキツネザルにちなんで? きつねうどん700円也。
IMG_4679


ここ日本モンキーセンターを見て回る中で、このような施設の財政難を感じます。
人間の由来を研究することは重要なことです。
日本モンキーセンター友の会のNEWSLETTERのバックナンバーをいただきました。
20240424_145519

私も何らかの協力をしたいものです。

続いて犬山城は2km程、
IMG_4688

駐車場から城までは5分程、石垣は荒々しい野面積
IMG_4690

天守への待ち時間は40分、入場料は550円。
IMG_4692

1537年築城、現存する日本最古の天守です。
IMG_4695

松本城以上に急こう配の階段
IMG_4696

白の骨組み
IMG_4704


天守から眺める木曽川の対岸は美濃の国、各務原市です。
IMG_4714

廻縁は外側に向かって傾斜が付いています。
IMG_4719

10km程先には小牧城跡が見えます。
IMG_4710

廻縁の角は傷みが目立ちます。
IMG_4722


昭和27年の国宝指定書
IMG_4725

国宝の城は、ここと姫路城、彦根城、松本城の4城に平成27年松江城が加わって国宝五城と言われています。
どちらかといえば地味な犬山城ですが、唯一の装飾である唐破風を中から見たところ、
IMG_4728

小牧山合戦時に着用されていたという鎧、
IMG_4730


まだまだ時間はあるし、今夜の宿は小牧なので、犬山から小牧市へ。
小牧城は城跡だけかと思っていたら立派な天守が?
IMG_4747

小牧長久手の戦いで家康の本陣となった小牧城、
IMG_4748

土塁の断面を見せています。
IMG_4775


20分程で登れそうなので行ってみます。
虎口
IMG_4757

信長築城時の石垣が発掘されて話題になっています。
石桝遺構
IMG_4761

玉石敷遺構
IMG_4762


天守と見えたのは小牧山歴史館
IMG_4764

小牧山城塁の模型
IMG_4765

天守?から長久手方面を望みます。
IMG_4770


何と、泊まるホテルは小牧城跡のすぐ脇、キャッスルインコマキ
IMG_4778

IMG_4779

部屋はダブルと豪華、そして大浴場もあります。
IMG_4777


夕食は国道41号線沿いの居酒屋かもめ、ホテルからは徒歩5分。
20240420_184534

料理はどれも美味、一番美味かったのが手羽先でした。
20240420_185440


予定では1日目が日本モンキーセンターと犬山城、そして2日目が小牧城跡の予定でしたが1日で回ってしまいました。明日はどうしよう?
居酒屋の店主が明治村を強く勧めます。
それでは明日は明治村と各務原の航空宇宙博物館にしよう。






日本周遊の旅(渥美半島②)六階建、日出、伊良湖神社、東大寺瓦窯跡、初立ダム、

3月30日は今期最後の日。
福江から岬の北端の中山へ、
IMG_4368

中山には伊良湖射場(陸軍の試砲場)という戦争遺産があることが判明、そこへ行ってみよう!
IMG_4374

明治34年ここ西の浜一帯は軍によって接収され、太平洋戦争終結まで伊良湖村の全村民が集団移転を余儀なくされた。
鉄筋がむき出しになった現在の塔、この施設は現在は個人所有で、中には農業用のマルチなどの廃材が置かれていた。
IMG_4370

IMG_4371

ここにあるのは気象塔兼展望塔と無線電信所。大砲や砲弾の発射試験をし、その飛弾や着弾の観測をした施設だ。
地元ではこの塔を六階建と呼ぶらしい。

現在この近くにはJERAの渥美火力発電所がある。
IMG_4375

JERAとは東京電力と中部電力が各々50%出資した発電会社。全国に26か所の火力発電所があり、日本の電力の30%を賄っているという。
佐久間ダムはJパワー、これが水力発電を担当し、JERAが火力発電を担当しているのか?
今まで火力であれ水力であれ発電所は各電力会社が直接運営していると思っていましたが、それとは別の企業体があるのでしょうか?
ここら一帯は広大なキャベツ畑が展開、遠くに発電所の巨大煙突が見えます。
IMG_4383


海岸へ出てみると休日でもあり釣り人が、
IMG_4387

岬の突端を目指します。
IMG_4389


峠を回り込むとある椰子の実記念碑と
IMG_4395

民俗学者の柳田國男がここ恋路ヶ浜で拾った椰子の実の話を親友の島崎藤村に語り「椰子の実」の詩が誕生した。昭和54年、北マリアナ諸島のロタ島から1000個の椰子の実を流し、そのうち1個がここに漂着したという。
日出(ひい)の石門。
IMG_4402

中央に空洞ができた奇岩、
IMG_4403

どうする家康のロケ地にもなった。
IMG_4391


伊良湖神社
IMG_4428

遙拝所、この先が伊勢神宮らしい。
IMG_4426

ご神馬
IMG_4423


伊良湖東大寺瓦窯跡、
IMG_4434

平安時代末期から盛んに生産活動をしていた渥美窯の一つで、平氏によって焼失した東大寺の瓦もここの物が使われたという。
IMG_4433

ちなみに昔東大寺を訪れた際、瓦を奉納してきました。そんな思い出と今回の窯跡がつながって興味深いことです。
62b9e54b-s


窯跡の上部には初立ダム。
IMG_4437

どうやら天竜川水系の水がこの渥美半島の突端まで引かれているという。
IMG_4440

そんな目で見るとこの流れも愛おしいですね。
IMG_4441

なにせこのダムから岬の先まではこの距離、白く岬のホテルが見えます。
IMG_4446



国道42号線を浜松方面へ、
IMG_4449

このまま海岸沿いを走って浜松へ行きたいところだが、私には任務が。昨日訪ねたアツミフードオアシスの豊橋山田店にバイヤーがいるかも、いれば名刺交換くらいはしておきたい。
ということで赤羽根で内陸部へ、
道の駅あかばねロコステーション
IMG_4452


アツミフードオアシス山田店は愛知大学のそばでした。
IMG_4457

ここも福江店と同じくホームセンターのDCMと隣り合わせでした。
残念ながらバイヤーは16時出勤、それまで待っているわけにいきません。
面白そうなこだわり商品を見て、買っていきます。

渋滞が怖くて走りたくなかった国道1号線になぜか入ってしまいました。
IMG_4458

東名音羽蒲郡で高速に入ろう、
IMG_4459

高速入り口にあったヤマサちくわのテラスで昼食。
IMG_4463

もちろんお土産と出来立てちくわは買いました。
昼食はちくわ(一番下)、アツミフードオアシスで買ったばくだんおにぎりと豚汁(一番上)
IMG_4460

さすがこだわりのアツミフードオアシス、おにぎりに添加物は入っていません!
IMG_4462


ということで今回も無事に帰ってきましたが、2日間の走行距離は675,5kmでした。

また奥さんへ?(自分の)お土産として
IMG_4468


会社へも豊川のラーメンや焼きそばを
IMG_4470

そしてサンプルとしてとんかつ等の揚げ物や
IMG_4471

加工食品など
IMG_4472


やっぱり地元のスーパーを周ると買いたいものが増えてきます。


その後の情報
伊良湖岬から浜松方面へと走った国道42号線、この道は浜松から伊良子岬、そこから海路で(ということは岬にあったフエリーターミナルから)鳥羽へ、鳥羽から紀伊半島の外周をぐるりと走り和歌山県の県庁を終点とする国道ということが下記の記事から判明しました。
20240410_152617

掲載されていたのが「三遠南信Biz」
20240410_173427

奥三河を走っていた際に見つけた地方紙ですが、日本周遊の旅には願ってもない朗報です。






記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

hongokeiniku

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ