見聞録

会津、三陸を行く④

10月18日、この日は八戸から松本まで約900kmを一気に帰る予定でしたが、疲労も蓄積、大丈夫?という心の声を聴き、高崎に今夜の宿を取ることにしました。

折角八戸に来たのだからどこか良いとこないかな? と昨晩探して見つけたのが「根城」
IMG_7166

南部氏の城館跡、何に興味をひかれたのか?
南部氏とは東北北部に権勢を誇った氏族だということは知っていましたが、そもそものルーツは知りませんでした。何と南部氏のルーツは甲斐の國、身延から駿河に抜ける県境にある南部町がルーツと知りました。

根城は南部氏の祖、南部師行が建武元年(1334年)、建武の中興でおなじみの南北朝時代に建てました。
甲斐の國南部町の御家人であった師行は北畠顕家に従い奥州における南朝方の中心的な存在として活躍したそうです。
IMG_7078

南部氏と言えば戦国時代に奥州で伊達氏などと覇権を競った豪族と思っていましたが、隣の山梨県出身ということで親しみを覚えます。
IMG_7079

根城南部氏は寛永4年に遠野へ領地替えになるまでここを中心に栄えました。
昭和16年に国指定史跡となり、平成6年に史跡公園として整備されました。

空堀
IMG_7084

主殿
IMG_7125

日本百名城として平成18年認定
IMG_7115

主殿における正月の儀式
IMG_7104

武器や武具を作る工房
IMG_7127

その内部
IMG_7128

弥生時代の竪穴式古墳のような納屋
IMG_7141

その内部
IMG_7142


根城は、安土桃山時代以降の近代的城郭とは違い、何となく奥州の素朴さと大らかさを漂わせる城郭です。
白にも個性や地域性が盛り込まれるものということが分かります。

八戸から高崎まで約600km、
IMG_7145

宮城の鶴巣PAで昼食、味炒飯味噌ーメンセット
IMG_7146

途中福島あたりから混み始め、宇都宮からは渋滞にはまり、やっぱり高崎に宿をとって正解。
高崎着は18時ころとなりました。

翌朝は一路信州松本へ、高崎弁当のとり飯を買って帰りました。
IMG_7155

もちろんお土産はかもめの玉子

4泊5日での走行距離は1765km。出雲行より100km程長いドライブでした。







会津、三陸を行く③

10月17日、大船渡に泊まった翌朝は地元の碁石海岸へ、
海岸沿いの松並木、信州の松林のような松枯れ被害にあっていません、見事な松です。
IMG_6957

宮古の道の駅に寄った際にも松茸が売られていましたが、結構お得になっていました。
IMG_6972

昨晩の夕食でもサービスとして松茸の唐揚げ(天ぷら?)が出てきました。
信州の松茸は今年も高根の花ですね。お土産に買って帰ればよかった⁉

碁石海岸の雷岩、波が打ち付けられるたびにドドーンと雷のように響きます。
IMG_6965

以前は黒碁石のような玉砂利が敷き詰められていた碁石浜、東日本大震災の津波でさらわれてしまったのでしょうか? 昔見た面影がありません。
IMG_6971


次に向かったのが宮古、宮古と言えば浄土ヶ浜、浄土ヶ浜周遊遊覧船に乗ります。
桟橋にはなぜか?土方歳三
IMG_6978

ここで思いがけなく彼の足跡をたどってきたことが判明。
彼が副長をしていた新選組が解体され、1868年大鳥圭介等旧幕軍に合流、宇都宮で負傷し、会津でその傷を癒したのが東山温泉。昨日その温泉に私も浸かったわけです。
東北を変転したのち舞台を函館に移した彼は翌年3月、新政府軍の甲鉄艦奪取のためにここ宮古湾海戦に参加、旧幕軍の回天で日本初の洋式海戦を演じるが敗退、函館に退いた。
という足跡の一端を確認できました。

浄土ヶ浜といえばウミネコ。
船が出航するとすぐに販売されたのがウミネコパン。
IMG_6983

アオサやアカモクなど海藻を練りこんだウミネコ仕様のパンです。地元の社会福祉法人が作っています。
これをちぎって船に群がってくるウミネコに与えるわけです。
浄土ヶ浜をバックに飛翔するウミネコ、
IMG_6990

パンをかざします。
IMG_6996

のけ反りながらも見事キャッチ!
IMG_6988

こんなアトラクションも人気の秘密、
ローソク岩や
IMG_7005

潮吹穴、(ウミネコの羽の先にかすかに見える)
IMG_7017

地質を知るうえで大切な古代地層が見られる日出島、ウミツバメの営巣地としても貴重です。
IMG_7021

そんな名所も見学しながらクルーズも終盤、
船長さんから新たなプレゼンが、
IMG_7025

船長さんのサイン入り写真集の販売です。
IMG_7168

この船長さん、東日本大震災の時には機転を利かせてこの船をいち早く外洋に出しました。
その時の体験談を聞きました。
「津波を乗り越えた時のショックは?」⇒「海全体がかさ上げされていたので、何のショックもなかった。海岸に着いた津波は海底が浅くなるにつれて盛り上がってくるが、外洋では影響が少ない」
「外洋から岸辺を見ていると、津波が白い帯のように海岸にぶち当たっている光景を見てショックだった」
「津波は桟橋の上まで(写真の部分は海没)達した、桟橋にあった事務所にあった器物が吸い出されてしまった」
IMG_6975

などと語ってくれました。
また今回乗った船「陸中丸」は来年1月で定年を迎え、この遊覧航海も終わるそうです。
ウミネコとの触れ合いも無くなり寂しいことですね。

その後、宮古湾海戦記念碑を確認
IMG_7030


そろそろお昼、海風で冷えた体をラーメン餃子で温めて、
IMG_7031

久慈へと向かいます。

三陸自動車道(E-45)、所によっては国道45号線を北へ、
IMG_7032

津波で流されてしまった地域、一面何もなし、そしてかさ上げ堤防
IMG_7035

久慈の市街地に近づくとダンプやクレーンなどの工事車両が多く目につきます。いたるところが未だに工事中です。
IMG_7038

あまちゃんで有名になった小袖海岸の夫婦岩
IMG_7045

などを見て、

今回の旅行で私が一番行きたかった種市海岸へ
IMG_7047

なぜ種市海岸か?
というと、昔鶏肉の産地視察で久慈に来た時、一人で八戸線の鈍行電車の乗って久慈から八戸に行った際、ここ種市のたおやかな海岸線に心を癒されました。
という思いでがあります。
が、その海岸線は頑丈巨大な堰堤で仕切られています。
砂浜はその当時の面影を留めていますが、何か違います。
IMG_7049

砂浜からは八戸線の電車の音も聞こえるので線路は遠くない、私が見た場所とは違うのか?

堰堤の頑丈な門扉、
IMG_7060

八戸線はこの堰堤の陸側です。津波の被害甚大なこの線路、震災後には全て堰堤に守られるようになったのか?
しかし門扉の建設は平成3年、
IMG_7062

震災よりず~っと前です。
よくわからないままで、日も暮れるので八戸へ、青森県に入ります。
IMG_7065


この日のお宿はドーミーイン本八戸、夕食付ではないので街に繰り出し、
八戸まで新幹線が延伸した際に作られたみろく横丁などをブラリブラリ、
IMG_7069


横丁前にあった「禄文銭」へ、信州上田=真田氏の六文銭と縁はあるのか?
八戸まで来たならせんべい汁
IMG_7072

汁専用南部せんべいを煮込んだご当地グルメ、さすが煮込んでも崩れない、歯ごたえのあるせんべいと野菜、鶏スープにホッコリ。
これも八戸名物〆銀さば、そして〆鰯、ひらめの刺身。
IMG_7073

このお店名物のトロトロたこ焼き
IMG_7074

などをいただき腹も満ちてホテルへ、
八戸は思った以上に賑やかですね、ゆっくり滞在しても見どころがたくさんありそうです。

明日は朝から「根城」へ行こう!














会津、三陸を行く②

10月16日、会津を出て今日は松島を経由して三陸の大船渡へ。
会津磐梯山に別れを告げます。
IMG_6903

磐越道から東北自動車道へ、そこから三陸自動車道へと入り松島へ、
雄島へ到着、
IMG_6905

津波がここまで押し寄せたのですね!
IMG_6909

雄島へ渡ります。摩崖仏が多く目につきます。
IMG_6911

雄島
IMG_6913


この日はちょうど松島離宮という観光施設の開所式
IMG_6920

池の中?で三味線の演奏を聴きます。
IMG_6922

場内の内覧会、関係者で混雑しています。
IMG_6923

この中でも飲食施設はありましたが、とても食事にありつける状態ではないので、
近くのそば屋で「はぜ天そば」
IMG_6927

そばのボリュームがすごい、ハゼの天ぷらも美味しくいただきました。

これから三陸を北上しますが、三陸自動車道(E-45)がどこまで伸びているか?どこが工事中か? が分かりません?
工事中のところは国道45号線を走ればよいか⁉ と腹をくくって出発。
石巻から南三陸町を通て気仙沼へ、津波の後多くの家々が流されたと思われる地域の中へ入っていくと
IMG_6929

廃墟のような建物が目につきました。
宮城県立気仙沼向洋高等学校、東日本大震災で4階までが津波で水没するなどの被害を受けました。
2019年から「気仙沼市東日本大地震遺構、伝承館」として一般公開されているそうですが、
先を急ぐたび、近くにあったいのりの広場で手を合わせました。
IMG_6931


ここ宮城県気仙沼から青森県八戸に至る南北22kmの太平洋に面した海岸線は、北部の豪壮な断崖美と南部の繊細なリアス海岸で陸中海岸国立公園から、平成25年に「三陸復興国立公園」として新たなスタートを切ったということですが、東日本大震災の被害を乗り越えるための住民の皆さんの苦難と努力の結晶を見る気がします。

気仙沼から陸前高田へ向かいます。
三陸沿岸の被害模様
IMG_7169

ここに見るように、陸前高田の被害が突出して大きいことが分かります。
奇跡の一本松
IMG_6944

津波で一掃されてしまった奇跡の一本松を含む海岸線に2013年「高田松原津波復興祈念公園」が建設されていました。
IMG_6936

海に向かって祈りをささげる献花台
IMG_6943


そして「東日本大震災津波伝承館」
IMG_6934

津波で流されてしまった消防車
IMG_6937

この車に乗り込んでいた消防士さんはどうなったのでしょう?
流失した気仙大橋の残骸
IMG_6939

今回私も渡った新気仙大橋、この堅牢な橋が流されるという自然エネルギーの凄まじさに驚きます。

2013年の2月、ここ陸前高田の醤油屋さんへ来たことがありました。
その時は、新幹線で一関まで、そこからは大船渡線で途中まで来て、車で迎えに来てもらいました。
大船渡線と北上川
北上川と大船渡線

津波のあと、すべてを流されてしまった当時、
波にさらわれて

その醤油屋さんも店舗と醤油蔵が流され
旧店舗

このように何もかも無くなってしまいました。
お店の跡地

一番大切な種麹も流され悲嘆に暮れていたところ、県の分析機関に出してあった種が無事だったことを知り、新たに蔵を作ることを決意、13年にはそれが完成間際でした。
八木沢新工場

先に書いた伝承館でそこの醤油を発見、南部せんべいの岩手屋とコラボしたまめ醤油せんもあったのでお土産に購入しました。
IMG_7151

立派に復興している人たちを見るのは嬉しいですね。


この日は大船渡泊まり、大船渡温泉に宿泊です。


会津、三陸を行く①

7月に山陰から出雲へ行ってきましたが、錦秋の今、今度は北へ行ってみたいと計画しました。
会津の東山温泉で初泊、二泊目が三陸大船渡、三泊目を八戸に予約し、出雲の歴史と三陸の東日本大震災の復興を見てみたいという予定です。

10月15日、北陸道経由で新潟から会津へ、
丁度昼時に立ち寄った黒埼PA
IMG_6832

PAの食事は選択肢が少ないですが、味噌ラーメン
IMG_6831

初めて走る磐越自動車道、分岐するとすぐに一車線になります。
IMG_6835

阿賀野川PAから会津方面を望む。
IMG_6837

会津に到着、今日の目的は鶴ヶ城、左へ舵を切ります。
IMG_6838

鶴ヶ城は中心市街地に立地、博物館も近隣にありますが、それは次回の楽しみとして
IMG_6843

鶴ヶ城の縄張りの中へ
IMG_6841

立派!な石垣と大きなスケール
天守が遠くに見え隠れ、
IMG_6846

松本城とはスケール観が違います。
出雲の松江城も大きなスケールでしたが、規模の点では松本城は誇れません。

会津鶴ヶ城の天守閣、
IMG_6851

賊軍だった会津藩は、慶応4年の会津戦争で明治新政府軍によってボコボコにされ
IMG_6877

明治7年に石垣や立木以外の建造物は解体されました。
現在の建物は1965年に鉄筋コンクリート造で外観復興再建を遂げています。

内部は鉄筋コンクリート造らしい佇まい、
IMG_6856

京都守護職 松平容保も見たであろう会津の風景
IMG_6859

これは旧来の石垣に走る武者走り
IMG_6853

場内は歴史を知る博物館になっています。
会津城主の遍歴は面白い。
1384年、蘆名氏により築城、その後伊達政宗の時代までは黒川城と呼ばれ、蒲生氏郷、上杉景勝を経て
加藤氏、保科氏、保科氏から改名した会津松平家の統治時代には若松城と言われたそうです。

信州高遠藩主だった保科正之が山形藩主を経て会津の初代藩主になりましたが、高遠の蕎麦を会津に伝えたのも正之だったとか。
出石の皿蕎麦は小諸藩主だった仙石氏、会津蕎麦も信州の高遠由来とは面白いですね。

城内にある麟亭で一休み
IMG_6882

茶室も本格的、躙口
IMG_6886

ここで茶を喫したわけではありませんが、
抹茶を一服
DSC_1758

薯蕷饅頭が美味しかった!
IMG_6890


夕日に映える会津若松城
IMG_6892


そして今日のお宿は東山温泉「新瀧」
IMG_6898

この旅館には竹久夢二が何度も投宿、1934年に信州富士見町の療養所から出された末期の手紙では、もう一度新瀧の風呂に入りたいと書かれていたそうです。
またここの源泉には土方歳三も入ったとか、その源泉を引いた猿の湯(ピンボケですみません)
IMG_6895

にも入ってきましたが、温泉の泉質は抜群、今までの温泉の中でも秀逸でした。

会津には探訪動機が満載、温泉も良いのでまた来たいものです。





井出孫六氏を偲ぶ(私なりに)

10月8日、井出孫六氏が逝去されました。
IMG_6828

私にとっての井出孫六とは、私の信州百峠を決意させてくれた人。
IMG_6829

「信州百峠」、この本に出合ったのが最終的なきっかけです。

それではきっかけの元をたどっていくと、
①子供時代病弱な私は駆けっこはいつもビリ、そんな自分の裏返しとして早いものが好きになりました。
②最初は馬が好き、そのうちに自動車やバイクが好きになりました。
③16歳でバイクの免許、18歳で自動車免許を取って、自分で走らせるスピード感が、カーブでの遠心力がた  まらない魅力でした。
④自動車やバイクで走っているうちに、道から脇に伸びている間道に目が行き、この道はどこにつながってい  るのだろう? 通り抜けできるのかな? 
⑤実際に間道へ入ってみたり、地図を調べると思いがけないところへ出られたり、敗退することもたびたび。
⑥人類学や民族学、そして民俗学などに興味を持った私が出会った人が宮本常一
⑦その人の本で
IMG_7167

 「私の日本地図」を発見、その第1巻が「天竜川に沿って」、第2巻が「上高地付近」
 どちらも信州、昭和30年代の山深い信州を描いた本で、多くの峠とその果たしてきた役割が書かれていま  す。

そのあとに「信州百峠」と出会い、信州の峠に関する良い道標になるな! と購入し、実際にバイク(時には自動車)での探訪なりました。

井出孫六という名前は知っていましたが、もう一つ関連する見学をしていたことも思い出しました。
2年前の4月、中小企業家同友会の例会で佐久は臼田にある橘倉酒造へ見学に行きました。
ここは酒蔵でもあり、博物館でもありました。
写真が無いのでその際の案内を添付します。
IMG_7160

IMG_7161

IMG_7162

IMG_7163

IMG_7164

IMG_7165

江戸から明治、そして大正、昭和に至る政治家や文人墨客の書などが満載です。
それだけでも見る価値は十分にありますが、この酒蔵が生家であったのが井出孫六でした。
また井出氏の兄は三木内閣の官房長官を担った井出一太郎氏、姉が教育評論家の丸岡秀子氏です。

またまた今回知ったのは、橘倉酒造では「峠」という蕎麦焼酎を作っているそうです。
そのラベルを揮毫したのが井出孫六氏。

私の信州百峠達成のお祝いにこの蕎麦焼酎「峠」を取り寄せて
井出氏の著書を図書館で探しました。
「終わりなき旅、中国残留孤児の歴史と現在」
IMG_7185

綿密な取材と資料収集で満蒙開拓団で旧満州へ渡った長野県人の悲劇的な末路やその後が描かれてショックで、酒を飲みながらでは読めません。

また下記の井出氏の著書も見つけました。
IMG_7156

じっくり読んでみたいものです。










記事検索
プロフィール

hongokeiniku

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ