料理、美味

信州秋の味覚

信州戸隠から思いがけない品が届きました!
DSC_1769

秋の味覚=きのこです。
先日三陸へ行ったら松茸が豊作という話を聞き、実際に天ぷらも味わいましたが、信州は松林も大きく枯れて今年は松茸も高嶺の花です。岩手から買って来ればよかった、と悔やみましたが、

届いたキノコは、コウタケ、サクラシメジ、ショウゲンジ、ジコボウ、カンコウ等、
これらの雑キノコ、何で食べよう? 
信州ならこれ!  キノコと馬肉のすき焼き以外にありません。

コウタケ、?、?  袋から出したらコウタケ以外は判別つかず?
IMG_7178


GOOD! なことに信州(山梨?)産馬肉が手に入りました、それも肩ロース。それと和牛の艫(とも)サンカク。
DSC_1779


調理を始めたら今度は食べることに熱中、またまた肝心な写真を忘れましたが、キノコの微妙な味わいとあっさりした馬肉がマッチ、オイリーさが足りないと思ったら少し艫サンカクを追加して秋の夜長を楽しみました。

野沢温泉食い歩き、そして今昔

13日の夜は野沢温泉。泊
IMG_5795
まりはげんたろう屋、スキー民宿のような佇まい。
広い部屋も不要なので四畳半を予約。
IMG_5796


そして温泉に泊まると、夕飯は必ず会席料理。 この年になると多すぎて食べられない。
それなら地元の居酒屋を探してみよう。
地図を探すと常盤屋旅館の地下に「つくしんぼ」
IMG_5802

階段を地下へ
IMG_5803

ちょっと寂れてはいますが、都会の地下街のような雰囲気、このような田舎の温泉街に地下街があるとは驚きです。
IMG_5801

ありました。今はこのつくしんぼとラーメン屋だけの営業で、少々寂しい。
IMG_5800


私の飲みスタイルは、カウンターの一番奥に潜り込んで、好みの本を広げながらチビチビ飲むこと。
しめ鯖、
IMG_5798

夏野菜の揚げびたし、北信の夏野菜は力があります。美味しかった、そしてお値打ち。
IMG_5799

やきとりなどを頼んで、熱燗の地酒(残念ながら新潟産でした)でしばし孤独を味わいます。

温泉街をブラブラ、ちょっと洒落たお店へ、サンアントンジャム工房
IMG_5814

裏手にあるホテルサンアントンの直営らしいです。
IMG_5815

地元の果実で作ったジャムがぎっしり!
IMG_5806

閉店間際でしたが、カフェオレ
IMG_5809

そしてわざわざ蒸してくれたナスおやき。
IMG_5811

中はこんな感じ
IMG_5813


宿へ帰って廊下を歩くと、昔の写真が
温泉まんじゅうで有名なフキヤ
IMG_5826

現在はこんな感じ
IMG_5840


常盤屋旅館
IMG_5828

IMG_5830

現在は
IMG_5842


有名な麻釜
IMG_5829

現在は
IMG_4992


大湯
IMG_5834

今の姿
IMG_5843

グーッとくる写真が風呂場の脱衣場に
IMG_5839

昭和の大湯、眼福です。

野沢温泉にも長い歴史がありますね。自動車も少なかった戦前、特に冬は写真のような橇でお客さんをこの温泉地まで誘っていたとは!
最寄りの駅からここまではかなり急こう配の坂、そこを橇で登るとは驚きです。



木漏れ日のバーベキュー

8月8日、松本市内田の木漏れ日の差し込む爽やかな林間でバーベキュー。
IMG_5658


同友会のイベントです。コロナ禍の中、何かというと自粛ムードが高まりますが、爽やかな空気の中でリフレッシュしようと企画されました。

どうせバーベキューをするなら、わが社の腕を見せてみよう! ということで骨付きの豚肉でローストポークを皆さんに食べてもらおう、ということで

豚の交配から子豚飼育、育成までを一貫してやっている安曇野の三澤さんに一肌脱いでもらい
IMG_5653

挨拶している三澤さん

最上級グレードの骨付きロース+バラをゲット! 12kg以上ありました。
DSC_1316

それをわが社のオーブンで4時間かけて焼きあげたものを現地に持ち込み、
DSC_1318

わが社の新入社員が骨に沿ってカット
IMG_5637

炭火の上で焼き上げました。
IMG_5643

手慣れた手つきの新入社員
IMG_5642

そして皆さんに振舞いました。
IMG_5644

また骨のついていないバラは酢豚風。大変好評dした。

この日の報告者は、柳沢林業の原社長さん
IMG_5657

森林が荒れ放題になっている当地でも、危機感をもって環境保全と林業の発展を担っている人です。
たとえば、当地の立ち木、一抱え以上もある大きな木の値段はいくら?いくらなら買いますか?
皆の中から「10万円!」 という呼び声がかかったら早速「喜んで売ります!」
実際には3~4万円ほどにしかならないそうです。
林業も厳しい、しかし希望を失わず頑張っている姿勢に感激です。

わが社の新入社員3人も頑張っていました。
IMG_5655

肉のカットはもちろん、野菜のカットや調理、片付けから洗い物まで、皆の先頭に立ってやっている姿も新鮮でした。




出雲のお土産

出雲から買ってきたお土産。

出雲そば
IMG_5531

出雲そばの名店「平和そば」で購入した出雲そばの乾麺、平和そばで作ったものかと思いましたが、残念ながら麺屋さんのそばでした。
お店にそばにはかなわないですが、平和そばが選んだ品らしく真面目に作っています。
出雲そばの良いところは、つゆを多く使わないこと。もったいないの精神が生きています。
そばの裏書には、日本三大そば=出雲そば、信州戸隠そば、わんこそばの三品が載っていました。
私の目からすると、信州では戸隠より松本のほうが水準が高いと思いますが。

そして出雲ぜんざい。
IMG_5534

レトルトになっていて、餅は焙るとおいしそう。
IMG_5535

いただきましたが餡が薄い、ちょっと期待していましたが残念。

そして別所かまぼこさんの商品。
IMG_5530

IMG_5526

IMG_5528

真面目に作ってます。リン酸塩、化学調味料も無添加。かまぼこはでんぷんも入っていません。
輸送の関係で冷凍しか無理でしたが、久しぶりに本物の練り製品を食べました。
あっさりとして嫌みが無く、単純と言えば単純な素朴さでした。
チップスもあっさり素朴、大量販売は無理でしょうが、作り手の気持ちが伝わる商品でした。


宍道湖のしじみ漁

松江しんじ湖温泉すいてんかくの夜景
IMG_5226

幸いなことに宍道湖畔の湖側の部屋、

朝起きると湖面には多くの小舟が、
IMG_5229
IMG_5236


よく見るとしじみ漁をしているみたい。
腰を据えて5m程はある柄を引き寄せています。
IMG_5231

そして柄を引上げ
IMG_5232

水中にあった籠を上げて舟内に中身をあけます。しじみゲット!

また水中に投入、湖底を引きずり
IMG_5234

また引き寄せるの連続です。
IMG_5235

よく見ると柄には直角に取っ手がついています。
この取っ手で水中を探りながらしじみを採っているのですね。

松江の2日間、毎回必ずしじみ料理が出てきました。
その日食べるものを採る風景を見られることはめったにありません。
貴重な風物詩でした。

記事検索
プロフィール

hongokeiniku

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ