街道を往く

明日香の里漫遊

関西二日目の6月23日。

今日は明日香の里です。
レンタカーに乗り、カーナビの示すように左折します。
「あれ?」訳も分からないうちに高速に入ってしまいました。
泊まった奈良パークホテルは西ノ京にあります。そこは阪奈道路のインター入り口にもあたっていたのです。
ナビはそのまま行け! と示していますが、明らかに方向が違います。私は高速道に入る気などさらさらなく南へ行きたいのにナビは西へ誘導しています。
ナビは高速道へ入ったことを認識していて、生駒山を抜け、東大阪から松原、羽曳野を経由して葛城、そして橿原への大迂回路を示しています。
生駒山を抜けるまで降り口は無く、腹をくくってナビ通りに行くことにしました。
しかしそこは高速道、着時間は当初下道を行く際に想定した時間とそんなに変わりません。

ということで何とか橿原に着き、
DSCN0130

明日香へ
DSCN0133

明日香村雷(いかずち)このあたりが明日香(飛鳥)の里のようです。
DSCN0135

明日香と呼ぶにふさわしいまったりとした日本的な風景です。

今日の出発点はここ、飛鳥資料館。
DSCN0140

ここで情報を入手し、今日の順路を決めたいと思います。

橿原は藤原京、法隆寺は斑鳩、奈良は平城京、そして東大寺と位置関係が分かります。
DSCN0146

照明に映えるしび、
DSCN0148

昨日の東大寺にもありました。
DSCN0081


ここから出土した富本銭、
DSCN0160

私たちが習った日本最古の通貨は和同開珎(708年)でしたがこれは683年、日本最古の銅銭です。
キトラ古墳壁画の複製
DSCN0163

など興味あるものが満載ですが、そろそろ昼時、明日香の里を回らないと時間がありません。

まずは資料館前の「天極堂」という吉野葛料理店で腹ごしらえ。
吉野葛を練りこんだ吉野うどん
DSC_0092

そして葛ぜんざいをいただきました。
DSC_0095

ちょうど腹に充分と思ったのですが、ぜんざいは余分でした、午後は腹が張ってたいへんでした。


午後のいちばんは山田寺、資料館からすぐです。
DSCN0172

法隆寺より古いお寺がここにあったという。
蘇我倉山田石川麻呂が建立したとか、ここ明日香の地は蘇我氏の影響が強いところですね。

飛鳥寺への町並み
DSCN0175

ここにも飛鳥寺があったようです。
DSCN0180

DSCN0179


次に行ったのが酒船石遺跡
酒船石は竹やぶに覆われた小高い丘の上、紫陽花が満開です。
DSCN0186

酒船石は、昔読んだ手塚治虫の「三つ目が通る」の印象が強いです。
DSCN0192

そして亀形石造物
DSCN0197

どうやら祭祀に関わる物らしいです。

次が石舞台古墳、この頃になると暑さと湿気で動くのもやっと。
DSCN0206

しかし石舞台はスケールが想定外、大きいです。
これは横穴式石室をもつ方形墳、
DSCN0209

その様子が中に入るとよくわかります。
DSCN0210

築造は7世紀の初め、古墳を覆う封土は無く、天井石が露出してこのようになりました。

そして蘇我氏の居城があった甘樫丘
DSCN0216

この麓に豊浦宮がありましたが、蘇我氏は天皇を見下ろしていたのです。

そろそろ帰ろう、その前にお土産を、と甘樫丘近くの道の駅に寄りましたが、めぼしいものは無し、蘇が欲しいと問うと、教えてくれました蘇の製造元を。
道の駅からすぐの西井生乳加工販売所、
DSCN0213

蘇を売っていました。
DSCN0214


昨晩の情報では、明日香の蘇は白っぽくて柔らかい、
DSCN0302

その通りでした。また裏書は
DSCN0306

乳脂肪分18%以上、ということは生乳を5分の1以上に煮詰めているのですね。弱火で7~8時間煮詰めるようです。

明日香から1時間半ほどで奈良に、今日の宿は奈良ホテル
DSCN0220

このホテルは明治42年に「関西の迎賓館」として建てられたそうです。
ここの夕食はフレンチらしく、今日の腹具合とはそぐわないので、夜は駅前に遠征。

様々物色していると、こんな小路に迷い込みました。雰囲気ありますね!
DSC_0106

そしてしもた屋風の「たかま家」に入りました。
DSC_0109

ここは「自家製麺、蕎麦酒場」と銘打っていましたが、
DSC_0116

炙り京鴨や鱧の天ぷら
DSC_0118

そして手打ちそばでした! とても満足。
今度奈良へ来てもこの横丁は良いですよ。一口餃子の店も繁盛していました。
こんなことも旅の醍醐味ですね。


というようなグルメ紀行はともかく、その後になって「アッ!」と気づいたのですが、今日の大阪廻りのコースも無駄じゃなかった! ということです。
この道、推古朝の時代に遣隋使として派遣された小野妹子たちが、堺から大阪湾、瀬戸内海を通って隋へ行き来した道ではないか!
今のように生駒山にトンネルが通っているわけは無し、難波に出るためにはこの道が最短ルートだったのです。

この日はレンタカーで巡ったせいか、かなり歩いたと思ったのですが9900歩でした。









信州百峠(73)大河原峠

6月13日、前回行けなかった大河原峠への道も10日に開通しているはず。
前回と同じくビーナスラインを通って向かいます。
この日も2000m近い標高では寒いこと、カッパを着こんで向かいます。

車山高原付近では、八ヶ岳のすそ野にポッカリ浮かんだ富士山
IMG_0940

そして蓼科山も前回よりくっきり見えます。
IMG_0944

大門峠も諏訪側から来る道は大門街道と呼ばれているようです。
IMG_0947


女神湖畔から蓼科スカイラインに入ります。
蓼科山登山口を過ぎ
IMG_0952

その後も順調に通過できます。
左手前の林道唐沢線で春日温泉に抜けられます、数年前にはここを春日温泉に抜けた覚えが。
IMG_0953


直進し、なだらかな道を峠目指します。
IMG_0956

峠遠望、まさしく峠のたたずまい。
IMG_0957


大河原峠に着きました。
IMG_0962

標高2093m、この峠も2000m越え、信州の峠は雲の上です。
IMG_0959

ここからも蓼科山へ登れます。
IMG_0965


向こう側は佐久方面、快適な蓼科スカイラインを降っていきましょう!
IMG_0966

この下から春日温泉に抜ける春日渓谷があるはず。

ところが、
IMG_0969

道は崩落していてストップです。
春日温泉に出られればショートカットできるはず、だったのですが臼田を迂回して帰りましょう。
その麓にあったのが
IMG_0970

JAXAの臼田宇宙空間観測所、初めての出会いでしたが、ここも見学できるかな?
佐久市内、臼田と野沢の中間あたりへ降り立ちました。
IMG_0973


国道142号線を帰路に、回り込んだ望月には春日温泉の道標が、
IMG_0978

大きく迂回したものです。

先日行った長和町のやすらぎ乃湯で入浴、そして温泉内の食堂にあったのが馬肉うどん(750円)
IMG_0979

これを昼食に、あとは帰るだけ。




信州百峠(72)大門峠、雨境峠

古地図で楽しむ信州、その中に「地域文化を育んだ信州の峠」(西山克己著)がありました。
DSC_0149

6月3日、この古代東山道のコラムに触発され、かつその文中に未訪の峠=雨境峠を発見! 近くにある大河原峠と、今まで何度も通り抜けながらも確認を怠った大門峠とセットで出かけました。

前回のバイク旅で、迂闊にも積算10000kmの瞬間を見過ごしていましたが、
IMG_0858

今日は10100kmは見過ごすまい、ということで美ケ原から扉峠へ出て、
IMG_0863

和田峠に着く前に10100km達成。
しかし寒い、何枚か着こんでも寒さが刺さります。防水のカッパも着ますが震えっぱなし!
IMG_0864

霧ヶ峰を過ぎ
IMG_0870

靄にけぶる蓼科山を正面に見ながら着いたのが
IMG_0873


大門峠
IMG_0883

標高1440m
IMG_0881

白樺湖を経て、県道40号線、諏訪白樺湖小諸線を女神湖方面へ
IMG_0887

女神湖畔、蓼科牧場に突っ込むと
IMG_0889

蓼科スカイラインに接続、この先が大河原峠です。
IMG_0892

ところが、今日は6月3日、6月10日までは車両通行止めとか!

行けるところまで行こう、蓼科山登山口
IMG_0899

その先で惜しくも通行止めに。
IMG_0898

今日はここで引き返します、残念。

県道40号線に戻り、ほぼ平坦な高原道路を快適に行くと
IMG_0901

雨境峠(1580m)に到着、今までにも何回も通り抜けたのに平坦すぎて峠とは気づきませんでした。

案内には5~6世紀、古代東山道として開かれたということです。
古代東山道、西の入り口が神坂峠、東の出口が入山峠(旧碓氷峠)ということで、古代東山道としては信州の中心に位置します。
ここには明治、大正期に滑石製の奉納品が多数出土したことから勾玉原と言われているそうです。
IMG_0903

峠の先は放牧場
IMG_0906

その先にある牛乳専科もうもうの脇道を辿っていくと
IMG_0911

鳴石
IMG_0915

古代祭りの場だったようです。
IMG_0914


中山道の芦田色宿へも抜けられそう
IMG_0918

芦田宿を抜け
IMG_0923


長門町で初めて入る道の駅、長門町やすらぎステーション28
IMG_0930

ちょうど昼時、かりん亭でそばとネギトロ丼セットを
IMG_0927

ありがたいことに、日帰り温泉やすらぎ乃湯長門温泉も敷地内に、
IMG_0928

ゆっくりと凍えた身体を温めて帰路に着きました。

この日の走行距離は137km、所要時間は6時間35分でした。



信州百峠(71)長野県立歴史館 再訪猿ヶ番場峠

本屋で見かけたこの本、
DSC_0149

古地図で楽しむ信州、編者の笹本氏は長野県立歴史館の館長とあります。また記事中には明治時代の県内各村の地図が歴史館にあるという。

信州百峠を越えて二百峠を目指してはいるが、発見できる峠に限界を覚える時期になったこの頃。
古地図に峠の痕跡でもあるのでは? と思い長野県立歴史館へ。

どうせ行くなら峠道を通って、
IMG_0792

四賀の会田から
IMG_0797

花川原峠
IMG_0799

麻績から聖湖へ

猿ヶ番場峠は聖湖畔
IMG_0801

路肩を見ると旧道に行けそうです。
IMG_0802

林道猿ヶ番場線
IMG_0803

間違いなさそうです、北国街道脇往還 善光寺道
IMG_0805

ここにも歴史が刻まれています、馬塚
IMG_0807

江戸時代の領地や水争い、領民間の諍いの歴史です。
IMG_0808

峠を抜けて桑原宿へ
IMG_0812


千曲市稲荷山を経て長野県立歴史館へ
IMG_0816

ちょうど昼時、近くの公園でおにぎりを食べて腹ごしらえ
IMG_0818

展示を見て回ります。

仮面のビーナス(女神)
IMG_0820

縄文の村
IMG_0822

今日辿ってきた善光寺道
IMG_0826

南信へ行った際に辿った中馬街道
IMG_0827

県内の中馬数
IMG_0828

そして中馬で運んだ物量や仕分け先
IMG_0829

私が辿っている信州の峠もこれらの物資を運ぶ要になっていたのです。

たった5年間の筑摩県、1871年~76年の間だけ存在した筑摩県は長野県に比べても広大、松本が県庁所在地になった5年間でした。
IMG_0832

初期の耕運機
IMG_0835

など興味深い展示もたくさんありましたが、私の目的は明治時代の各村地図。
図書館に入り、係りの方に地図の見方を教わりました。
図書館内のパソコンで閲覧可能、膨大な地図はありましたが、地図毎に筆記のタッチや方角、詳しさが違います。また現在の市町村は何度もあった大合併のおかげで、旧町村と折り合いがつきません。
腰を据えて取り組まねば、現在の地図との照合もできないため今日はここまで。
インターネット上でも閲覧可能なため、時間をかけてやっていくつもりです。

帰りは麻績ではなく信州新町経由で。
IMG_0839

県道390号線で信州新町へ
IMG_0842

信更町を経て
IMG_0845

県道12号線へ
IMG_0848

牧乃島城跡を経て国道19号線へ
IMG_0855

一路松本まで帰りました。

この日の走行距離は186km、所要時間は6時間35分でした。


飛騨から木曽周遊,そして夜半の地震!

今年になってから初のブログアップです。
4か月にわたってアップしないと、新たにするのが億劫で、でもこのままにしてしまうと終わってしまう! それに春の息吹を感ずると信州百峠にも再挑戦し、150峠を目指してみたいという意欲も沸々とわいてきます。

ということで、3月10~12日に白骨温泉に連泊する、その中日の11日に、宿でゆっくり温泉と読書三昧を満喫するという奥さんを残して、白骨⇒安房を通って新穂高温泉⇒高山⇒長峰峠から開田⇒木曽町から木祖村⇒乗鞍高原⇒白骨へというルートで中部山岳を周遊しようと思い立ちました!

白骨からはスーパー林道が、国道とは別にありました。宿で確認すると「多分閉鎖されている」との答え、でも確認のため行ってみると
DSC_2167

やっぱりダメでした。

高速道路並みの安房トンネルを抜けても面白くないと安房峠へ、やっぱり冬季閉鎖中
DSC_2168

トンネルを抜けて平湯側の出口もこの残雪です。
DSC_2169


新穂高温泉で見たかったのがこれ! 新穂高ロープウエイからの光景です。
DSC_2172

穂高連峰の西側の壁、冬の雪壁と抜けるような青空が圧巻です。

ここから予定を変えて神岡周りで行くことに、遠回りにはなりますが、神岡⇒古川間を走ったことはありません。
去年高山⇒古川間は走ったので、ここは未知の道。
神岡と古川の間にあるすごう(数河)峠はまだ雪の中、
DSC_0002


高山では偶然のことに旨いそば屋を発見、
DSC_2178

「ざる蕎麦せと」バイパス沿いのそば屋ですが、こだわり満載
DSC_2180

岐阜県内の在来蕎麦4種類を食べ比べできます。それも半人前でオーダーできるので、私は3種をハーフで。
DSC_2182

最初に出たのが「飛騨そば」
DSC_2183

そして「桃源そば」と「寶そば」 私は飛騨そばが一等賞でした。
しかしどれも旨い! 蕎麦は信州が一番とは言えないですね。

高山からは乗鞍岳と御嶽山の間を抜けて開田高原から木曽へ出ます。
岐阜側から見る御嶽山、その左側を抜けていきます。
DSC_2186

長峰峠からは信州、開田高原からの御嶽山
DSC_2197


木曽町から木祖村へ、この頃になると運転も飽きてきます。
それではと乗鞍高原から白骨へ抜けることで飽きを一掃、
DSC_2201

西日に照らされた乗鞍、そこから白骨温泉へ、
DSC_2205

この日の旅程です、走行距離270km。
久しぶりに走れて爽快!

春になり、バイクで走れることが待ち遠しいですね。

ということで、夕食も美味しくいただいて、後は寝るだけ、という時間帯にグラグラときました。
昨年は上高地周辺で群発地震が多発、宿のマネージャーさんに朝聞いたところ、「昨年末からはほとんど揺れず安心しています」ということで安心していましたが、この期に及んで来ました!
その後も地震⁉ それとも上の階の人がお道化てる?
スマホの情報では震度2ということ、
私は何故か? 揺れに弱い体質化? その後も寝つけず、嫌になっちゃった。


記事検索
プロフィール

hongokeiniku

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ