10月16日、今日も快晴!
寝坊して、8時にフロントのコールで起こされました。9時にホテル出発。
朝の長姫神社、
DSCN1765


早速、西部山麓農免道路を西へ、
DSCN1769

ここを右折して、飯田国際射撃場を目指します。
DSCN1770

右へ曲がると、国際射撃場、そして林道鳩打線へ入ります。
DSCN1772

掲示された地図によると、鳩内林道、そして鳩内隧道も明記。
DSCN1775

飯田国際射撃場は右、林道は直進、いよいよ熊出没注意の領域。
DSCN1776

かなり狭い林道ですが、一応舗装はされています。
V字型に区切られた青空が爽快!
DSCN1781


東屋があり、高鳥屋山登山口。ここが鳩内峠(1115m)。
DSCN1787

鳩内隧道です。
DSCN1785

車1台ギリギリ、心臓がすくみます。
DSCN1792

鳩内峠
鳩打峠


大平側の出口、トンネルに扉が設置、何のための扉?
DSCN1793

ここからは舗装が無いようです。心して行きましょう。
DSCN1797

清内路から大平方面の眺望、
DSCN1800

最初は平坦な、でもかなり狭い道。
地図上でも幅員3m未満の黒の実線で書かれています。
DSCN1802

悪路の様相、沢沿いには上から流れてきた流木が積まれています。
DSCN1803

沢が決壊し、土砂の堆積も見られます。
DSCN1805

やっと人間の足跡が、廃屋が見えてきました。
DSCN1806

鳥居の脇には、大平財産区設置の碑
DSCN1809

黒川堰堤建設中。
DSCN1814

やっと県道8号線へ、鳩内林道終了。
ホテルからここまで22kmを1時間30分かかりました。
DSCN1818


大平宿、左いいだ道、右きそ道。
DSCN1824


大平峠(1358m)
DSCN1833

その脇にある隧道には木曾峠とあります。
DSCN1834

大平街道
DSCN1838

木曽見茶屋からの風景、
DSCN1843

国道256号線にでます。そこを清内路へ左折。
DSCN1848


清内路トンネル(清内路峠の下)を抜けて、漬物屋に立ち寄ります。
DSCN1860

清内路は信州伝統野菜のメッカ、
清内路きゅうり、清内路かぼちゃ、清内路にんにく、清内路黄いも、赤根だいこん。
これらが清内路特産です。
聞いたところ今の時期は、赤根大根の漬物だけでした。ゲット!
DSCN1914

この一番上が赤根大根、
清内路から木曽路、そして松本の保平にかけての信州の西端や、岐阜の飛騨地域には赤い株が多種見られますね。
DSCN1915

ちなみに、長野県発行の信州伝統野菜のパンフレット。
DSCN1916


昨日と同じルートに合流し、治部坂峠で昼食。
ねらいは平谷村から根羽村へとまたぐヤハズ峠です。
昨晩、地図を精査したところ見つけました。今回の目的外の峠です。
DSCN1909

本格石臼挽十割そば大盛り。
DSCN1861


平谷の役場前から売木方面へ。
昨日の平谷峠からの道と一緒、以前から分かっていれば、昨日行ったのに。
DSCN1863

約3km、平谷湖を右折。
DSCN1864

大椋沢川を渡り、
DSCN1870

ここにも寂れた別荘地の痕跡が、
DSCN1871

三叉路を左へ、
DSCN1873

あっけなくヤハズ峠(1148m)へ
DSCN1874

根羽側からの峠風景、
DSCN1875

県道46号線、阿南根羽線に。
平谷湖からここまで9km、鳩内峠と比較してみると呆気なし。
DSCN1877

ヤハズ峠
ヤハズ峠


小戸名渓谷を渡り、根羽の街へ。
DSCN1883

根羽でなじみの住岡屋商店で、
DSCN1887

お土産に買ったのが、あめのうお薫製(2000円)、小林農園のトマトジュース野菜ソムリエサミット金賞(1380円)
DSCN1912

トマトジュースは確かに甘く美味。
薫製は今晩食べますが、5年ほど前に買ったものに比べて小さくなったこと。





2日合わせての走行距離は507km、今日1日では241kmでした。






これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。