思いがけず、本年最初の峠探訪が始まりました。
4月6日、同友会の総会が木曾の三岳にある釜沼温泉の大喜泉で行われました。
DSC_2258

ここの温泉は炭酸水素冷塩鉱泉、口に含むとわずかな炭酸が感じられます。またアトピーにも効くとか、夕方と朝に一回ずつ入浴しましたが、確かに痒みが収まった気がします。
夕食に派手さはありませんが、
DSC_2260

療養専一の宿らしく、地味な中にも真心が感じられました。
この宿は老夫婦で切り盛りしていましたが、旦那さんが死去、28歳の孫が昨年から入って、新たなチャレンジをしています。

翌7日、どうもこの宿の前を通る道、峠の雰囲気が感じられます。
上っていくと東大の木曾観測所があります。
IMG_7486

そこには名古屋大学が設置した、太陽から吹く風を見るパラボラアンテナ
IMG_7490

そして東大の105cmシュミット望遠鏡
IMG_7491

IMG_7493

が設置してあります。
開館は10時からということで残念ながら入館できませんでしたが、御嶽山がきれいに見えます。
IMG_7496


なおも上るとありました! 才児(さいちご)峠、標高1125m。
IMG_7482

木曽町三岳と上松町の境です。
才児とは上松側の集落の名称ですね。
IMG_7497


上松側へ降りると三叉路が
IMG_7498

おっ! 赤沢自然休養林へ行けそうです。
大きな土場が出現、焼笹土場
IMG_7523

ヒノキが大量に集まっています。
IMG_7500

脇には史跡小谷狩の留堰跡、上流から伐採した木材を川へ流す仕組みです。
IMG_7524

そして五枚修羅の跡
IMG_7504

修羅も木材を流す昔の仕組みです。
麝香沢
IMG_7507

木曾のヒノキの中でも上質な木が採れたようです。
姫渕
IMG_7509

などを通り過ぎると赤沢自然休養林
IMG_7513

今の時期はまだ休業中で人っ子一人いませんが、清涼な大気を満喫できました。
帰りに目にした川床は大きな一枚岩
IMG_7521

ここの下流の寝覚ノ床と同じような岩質が見て取れます。

上松の町へ降ると中央アルプスの景観が、
IMG_7526

そして上松の町
IMG_7530


上松から直接帰るのももったいない、ということで木曽川の右岸県道508号線上松南木曽線を中津川方面へ、カーナビにも載っていない新しく快適な道路です。
IMG_7531

途中には新上松土場もあります。
IMG_7536

外材に押されて衰退の林業ですが、上松は流石の本場です。
立派な木曾ヒノキが積まれています。

須原で国道19号線に合流、
IMG_7539

ここからはおとなしく帰りましょう。

峠を走ると思わなかったので走行距離など不明、でも思わない収穫でした。