9月11日、一緒に行った奥さんは妻籠宿へのツアーに出かけたので、今日は晴れて一人で峠探訪。
天気もよさそう、国道256号線を途中で県道89号線、園原方面へ
DSC_1375

対岸の山麓に動くものが、
DSC_1379

中央道が間近に走っています。
DSC_1380

園原インター、ここから入れるのは名古屋方面のみ、松本方面へはいけません。
DSC_1385


インターを過ぎると信濃坂の石碑
DSC_1387

ここは後回しにして直進。
DSC_1391

恵那山方面、神坂峠へ行けるのか?
宿の女将さんは、長野県側は途中で通行止め、という情報でした。
岐阜県側からなら神坂峠まで行けそうですが、とりあえず行けるところまで。
神坂峠


途中の月川温泉を過ぎると道幅が狭まって
DSC_1397

やっぱりダメそうですが
DSC_1398

こんな道を行くと
DSC_1399

やっぱり、土砂の流れた跡がある先には通行止めのゲート
DSC_1401

ここで神坂峠はあきらめます。

月川温泉の入り口にあった記念碑
DSC_1406

恵那山トンネルを掘った際に出た土捨場となった所のようです。
現在、同じ南信の大鹿村あたりではリニア新幹線のトンネル工事での土捨の件が問題になっています。
昭和60年に完成した恵那山トンネルの工事でも、地元との間で様々な問題があったのでしょう。

その先には月川温泉「野熊の庄」
DSC_1407


先ほどの信濃坂を上っていきます、この道が古代東山道のようです。
清々しい秋の空。
DSC_1410

神坂峠へは行けないとわかっていたので月見堂でUターン
DSC_1414


園原インターの手前を左折すると、県道109号線の起点ここからが横川峠のようです。
DSC_1422

宿の女将さんが言っていたように、かなりしびれる道のようです。
DSC_1423

車窓からは崩落地も見えます。
DSC_1424

横川峠


路のカーブの先に案内が、清内路は右、横川集落は左へ、横川へ行ってみます。
DSC_1425

5~6軒の集落のようです。
DSC_1432

神社や
DSC_1429

古民家横川渓谷美術館、とあります。
DSC_1428

残念ながら施錠してあり、ガラス戸から中をのぞくと
DSC_1430

絵葉書でしょうか? 

元に戻って、清内路方面へ、峠に着きました。
DSC_1434

1107mでしょうか⁉
DSC_1435

峠を降りると上清内路、県道109号線の終点、短い県道ですね約6kmの道程でした。
しかし横川集落の人々にとってはライフラインを確保する唯一の道だったことが分かります。
ここで国道256号線に合流します。
DSC_1441


国道を南木曽方面へ快適な道を進むと3km程で清内路トンネル
DSC_1444

この山上に清内路峠があるはず。
清内路峠


手前の架橋の直前に右へ行く道を発見、
DSC_1447

この道のようです。 鉄塔建設の作業をする人たちが工事中のところを過ぎていくと、
DSC_1448

トンネル?
DSC_1451

驚きです!
DSC_1452

国道256号線、清内路峠、標高1192m。
下のトンネルも国道256号線、ここも同じく。国道が二重に走っているのですか⁉

トンネルというよりスノーシェードのような向こう側は通行止め、南木曽方面に行けません。
DSC_1453

木々も生い茂っています。

改めて清内路トンネルを抜けて、南木曽側、
DSC_1456

やはり通行止めのゲートがありました。
DSC_1457


南木曽方面へ、次は馬籠峠、そのあと上り返して大平峠方面へ行く予定です。
南木曽伝統工芸の森
DSC_1460

木地師の里
DSC_1463


南木曽手前に「大妻籠、中山道」の道標発見。
DSC_1466

橋を渡ると、大妻籠から馬籠峠、馬籠への道。
DSC_1467

中山道の案内や
DSC_1470

道標が
DSC_1471

旧中山道が道を横切っています
DSC_1474

DSC_1475

このアスファルト舗装の下には旧道が保存されているとか
DSC_1476


そして馬籠峠、
DSC_1477

標高790m、清内路峠に比べると400mも低い。
DSC_1478

峠の馬籠方面
DSC_1483

馬籠峠


峠から馬籠は2km程、
DSC_1488

DSC_1489

観光気分にはならないので、早々に登り返します。

気になっていた水車他
DSC_1495

ここには集落があり、江戸時代には「尾州岡船」と言われる牛方を稼業にしていた、また明治37年に水害で流されたと記してあります。
DSC_1496

尾州岡船は、私が中信の奈川地方を調べた際にも出てきた言葉、牛を連ねて美濃から信州、そして上州までの広範囲で運送を担っていました。
なぜ「尾州」なのか?
江戸時代、木曽は尾州(尾張)領でした。尾張藩の鑑札を持った運搬業の牛追いが尾州岡船、海や川の船ではなく、岡(地上)を行く船になぞらえた言葉だそうです。
松本市奈川(旧奈川村)では山地に放牧場を設けて運搬用の牛を供給していました。

もう一つ、石碑の傍らにあった「長野縣」の境界標識。
DSC_1502

馬籠峠が長野県と岐阜県の境界になっていることは先ほど走ったので分かっています。
念のために地図を確かめても同じこと。
明らかに岐阜県側にあるこの標識、なぜ長野縣?
推理を働かせます。
馬籠を含む長野県旧山口村は、現在は岐阜県中津川市。
それが2005年2月13日に岐阜県に帰属したのです。
それ以前からあった長野縣の標識が、見過ごされたのか?現在も残っているのか⁉
面白いことですね!

ちょうど昼飯時、
先ほどの水車のところにあった案内の一文が面白い
DSC_1498

名物栗こわめし、とありました。
十返舎一九が1819年に木曽路を旅して「岐蘇街道膝栗毛」の馬籠宿の下りで詠んだ狂歌に
「渋皮の むけし女は見えねども 栗のこはめし ここの名物」とあるそうです。

それでは栗のおこわを食べよう!
DSC_1503

「栗こわめし 樹梨」で昼食、
DSC_1505

ざるそば定食1300円也
DSC_1508

甘くない栗おこわと信州そば、そして盛りだくさんなお惣菜。
変わっているのはそばつゆに梅干しを入れるところ。
美味しくて完食しました。
入店中に雨が降りましたが、食事が出てくるのに間があったこともあり、出るときはお湿りのある爽快な気分。

国道256号線を上り返し、県道8号線、大平高原方面へ左折、
DSC_1510

こんな道を上っていきます。
DSC_1512

大平峠県民の森
DSC_1517

大平峠も間近です。
ここからの眺望、右手にもう少し上ると峠に行けそうです。
DSC_1521


トンネル出現! 木曾峠と書いてあります。  間違いなし、大平峠です。標高は1358m、今日では一番高いところを走っている峠です。
DSC_1529

路傍には大平街道の碑
DSC_1530

大平峠


ここから大平の集落まではわずかな勾配の下り道、
茶屋跡の民家や
DSC_1535

さかえや
DSC_1538

を過ぎると、大平です。
DSC_1542

いろりの里、大平宿
DSC_1543

現在保存されている民家の配置
DSC_1545

こんな家並みが続いています。
この集落は、現状で保存されるだけでなく、実際に泊まったり、いろりで火を起こして炊飯をしたりもできます。
申し込みは「南信州観光公社」まで。
一軒ごとの由来を説明してあります。
DSC_1555


大平宿からまた上りとなり、2km程で飯田峠
DSC_1564

標高1235m、大平峠にはかないません。
DSC_1565


ここからは一路飯田へ下るのみ。
沢などの地名が克明に表記してあります。
DSC_1571

また馬頭観音も随所に祀られていますが、
DSC_1572

この街道が険しい旅路だったことを伺わせます。

飯田市街へ出るちょっと前で、
DSC_1580

名水猿庫の泉を発見、
DSC_1579

DSC_1582

ちょうどペットボトルが空になったので、甘くておいしい名水を補給して昼神温泉に帰りました。

走行距離は118km、所要時間6時間。
山道ばかりで疲れましたが、待望の大平峠をはじめ六ケ所の峠と出会い、充実の一日でした。