8月14日は野沢温泉からスタートを切ります。
国道117号線へ降り、千曲川をどこで渡るか?
柏尾橋で渡ると、対岸は戸狩温泉
IMG_5849

右折して千曲川に沿って下流へ、
IMG_5851

この日の懸念は、峠への入り口が見つかるか?
エイヤッ! の決意で踏切を越えて
IMG_5856

というのも、この辺り登って行っても高原野菜の圃場が広大に広がっているみたい。農道が縦横にはしっている中で行きつけるか? 
ありました!牧峠へのささやかな案内板、
IMG_5867

この方角が牧峠か。
IMG_5868


高原野菜の農場を過ぎて
IMG_5874

こんな道をひたすら上ります。
IMG_5875

着きました、牧峠。
IMG_5881

IMG_5880

地図を見て!
IMG_5882

峠の宝庫です。
この地図の左右がほぼ25km、その中に西から小沢峠、久々野峠、筒方峠、昨日越えた関田峠、梨平峠、現在地の牧峠、宇津ノ俣峠、後で越える予定の伏野峠、須川峠、野々海峠、深坂峠と、何と11の峠が並んでいます。
この山稜を歩く信越トレイルを歩いていた人も一休みしていましたが、私も歩ければ峠制覇もすぐできますね。

ここが峠?
IMG_5885

新潟側の風景、スッキリ晴れていれば日本海一望か⁉
IMG_5884

新潟側から振り返ると、
IMG_5886

いかにも峠を越えてきた、という風景です。

下っていくと「義理人情の丘」? 国定忠治、村人見納めの地 と書いてありますが、説明がない。
IMG_5887

そして深山清水、
IMG_5888

美味しい水でした。

ふもとに降りて上牧、
峠に関する証拠がありました。
IMG_5892

江戸時代後期から明治にかけて、塩や海産物がこの峠を越えて千曲川から信州各地へ流通していたようです。
番所跡
IMG_5894


安塚方面へ右折
IMG_5896

棚田がきれいです。
IMG_5899

津南、須川方面へ
IMG_5905

須川峠の須川です。
ゆきだるま高原を越えれば行けますね。
IMG_5911

IMG_5912


かなり狭い道です。一方が路肩にぎりぎり寄って慎重にすれ違わないとこするくらい。
IMG_5919

須川峠はこの道の左上にありそうです、峠をかすった状況ですが、一応須川峠クリアということにします。

着きました、伏野峠
IMG_5917

宇津ノ俣峠まで4,5km
IMG_5916

須川峠まで1,8km、近いですね。
所在が分かったことで良しとしておきましょう。
IMG_5918

やはり2~3kmに一つの峠があります。

信州側へ下っていくと
IMG_5923

清掃センター
IMG_5924


そして飯山線の桑名川駅
IMG_5930

ここの木陰で小休止、時刻表を見ると
IMG_5931

1日に上り下り各8本、長野まで行くのは3本しかありません。残りの5本は全て戸狩野沢温泉迄で終わりです。
これを見るに、このあたりの人の動きは長野、飯山方面ではなく、新潟圏ということが分かります。

今日で、信州百峠も四分の三をクリア、あと25峠を雪が来る前に制覇できるか? 微妙なところです。

今日の走行距離は212km、所要時間は6時間20分でした。