13日の夜は野沢温泉。泊
IMG_5795
まりはげんたろう屋、スキー民宿のような佇まい。
広い部屋も不要なので四畳半を予約。
IMG_5796


そして温泉に泊まると、夕飯は必ず会席料理。 この年になると多すぎて食べられない。
それなら地元の居酒屋を探してみよう。
地図を探すと常盤屋旅館の地下に「つくしんぼ」
IMG_5802

階段を地下へ
IMG_5803

ちょっと寂れてはいますが、都会の地下街のような雰囲気、このような田舎の温泉街に地下街があるとは驚きです。
IMG_5801

ありました。今はこのつくしんぼとラーメン屋だけの営業で、少々寂しい。
IMG_5800


私の飲みスタイルは、カウンターの一番奥に潜り込んで、好みの本を広げながらチビチビ飲むこと。
しめ鯖、
IMG_5798

夏野菜の揚げびたし、北信の夏野菜は力があります。美味しかった、そしてお値打ち。
IMG_5799

やきとりなどを頼んで、熱燗の地酒(残念ながら新潟産でした)でしばし孤独を味わいます。

温泉街をブラブラ、ちょっと洒落たお店へ、サンアントンジャム工房
IMG_5814

裏手にあるホテルサンアントンの直営らしいです。
IMG_5815

地元の果実で作ったジャムがぎっしり!
IMG_5806

閉店間際でしたが、カフェオレ
IMG_5809

そしてわざわざ蒸してくれたナスおやき。
IMG_5811

中はこんな感じ
IMG_5813


宿へ帰って廊下を歩くと、昔の写真が
温泉まんじゅうで有名なフキヤ
IMG_5826

現在はこんな感じ
IMG_5840


常盤屋旅館
IMG_5828

IMG_5830

現在は
IMG_5842


有名な麻釜
IMG_5829

現在は
IMG_4992


大湯
IMG_5834

今の姿
IMG_5843

グーッとくる写真が風呂場の脱衣場に
IMG_5839

昭和の大湯、眼福です。

野沢温泉にも長い歴史がありますね。自動車も少なかった戦前、特に冬は写真のような橇でお客さんをこの温泉地まで誘っていたとは!
最寄りの駅からここまではかなり急こう配の坂、そこを橇で登るとは驚きです。