新進気鋭の居酒屋、松本市中町の「くりや」にて上記の会がありました。
IMG_7562

入り口で猟友会さん指導のシューティングゲーム体験から入店、
最初は信毎新聞連載の「猟師になりたい」でおなじみの北尾トロさんが仕切るトークショウから。
信毎のアニメの北尾さんと本物がそっくり! すぐ分かりました。

IMG_7550

話している人は「山崎商店」の山崎さん、ジビエの処理場を昨年立ち上げた人。
10年間の執念で処理場建設にたどり着きました。
隣が店主の砂子さん。今年1月から狩猟に目覚めました。 北尾さんの軽妙なトークで、普段なじみのない狩猟やジビエの話題を身近に伝えてくれました。

腹もすいたころ、待ちきれなかった食事会の開催です! メニューを紹介

猪の大和煮と鹿のビール煮
IMG_7553

あばら骨ごと煮込んだトロットロの豪快な料理。 背骨の中の骨髄もトロットロで凄い珍味!
食感は白子のような?

真鴨
IMG_7554

葦鴨
IMG_7555

鴨は水鳥のためか、モモが小さく、ほとんどがムネ肉(鴨ロース)これを出汁つゆに入れてしゃぶしゃぶしていただきました。
同じ鴨でも種類が違うと風味も別物、新しい発見でした。


IMG_7556

牡丹(猪)
IMG_7557

雉と牡丹は残念ながら品切れ完売で味わえず。

穴熊
IMG_7558

初めて出会う肉、薄くスライスしてあったけどかなり固い肉、罠猟で捕獲したそうです。味は野生の滋味横溢ということにしておきましょう。
以上はすべて鍋仕立て

2種のサラダ、鹿と猪のそぼろ添えです。
IMG_7559

3種のロースト
IMG_7560

猪、鹿、そして熊です! 熊は好評にて売り切れ寸前。

鹿の唐揚げ
IMG_7561

醤油味と塩味

猪、鹿メンチ
IMG_7563


炭火で焼いた鹿肉スペアリブ
IMG_7565

鹿はバラの部分が薄く、肉はちょっとしか付いていませんが、見た目のインパクトと合わせれば価値が出そうです。
全く凄いメニューです! それ以外に〆には手打ちそば、+ワンドリンク付で2700円
考えられない値段と価値!
前日に野鳥の保護を訴える会合に出席、そして今日は野生を食いつくすというイベントに、大きな視野で捕えられたような気がします。
いずれにせよ、どちらも真面目、多様な価値観の中で選択するのは自分自身です。