わが社の女子社員の結婚式に参列しました。

祝辞では準備万端!と臨んだのに、眼鏡を掛け違えて遠視用を着用、準備した原稿がかすんで読めません!
しどろもどろで冷や汗をかきながら何とか終了。事前にリハーサルをして文章の概略を頭に入れておいて良かった。

祝辞はともかく、とても良い結婚式でした。
いつも泣かされるご両親への感謝の言葉、
IMG_2098

(新婦の腰へ回された新郎の手に愛が表現されていて微笑ましい!)

母親を早くに亡くした彼女の家庭ではお父さんが仕事と家事を見事に両立させて立派な娘さんを育ててきました。わが社で大きく活躍してくれた新婦ですが、その彼女の活躍の裏には彼女の親御さんや家族の大きな支えがあったことを今さらながらに感じました。
お兄さんも子供が授かったということで、お父さんにしてみると今までのご苦労が結実した、何物にも代えがたい結婚式だったでしょう。

新婦もこれからは旦那さんを支え、支えられて、可愛い子供と充実した家庭を作って益々活躍してもらいたいものです。

わが社から出席した女子社員も見違えるような盛装をしてとても綺麗! こんな会社の社長をしていて良かった!としみじみと思った次第です。