佐久は臼田町の『むしり』をご存知ですか?

臼田町には若鶏のむしりを出す店があります。むしり探訪の旅をしてきました。

むしりと言えばこの店、
瀬川

瀬川です、お店は少々汚いが、
瀬川入口

隣にはみよしやというむしりの店も。

この2件には入ったことがあるので、今日は別の店へ、
鳥忠

鳥忠です。ここでむしりと肉味噌ラーメンを頼みました。

ここのむしりがこれ、
鳥忠むしり

な~んだ、ローストチキンじゃん、そう、私もがっかり、塩味の濃いローストモモでした。でも肉自体は美味しかったですよ。

それでは私がイメージしていたむしりとは?
瀬川包装紙

瀬川で30分待ってテイクアウトしてきました。この店はテイクアウト専門らしい、テーブルもありますが物置に化しています。

家に帰り、包装を開けてみると、新聞紙に包まっていたのが
瀬川むしり

若鶏の半身ローストチキン、これを手でちぎりながら食すため『むしり』と名づけたとか。

私は手でちぎらないで包丁でカットして盛り付けました。
瀬川むしり皿

むしり2枚=1羽分でもこのボリュームです。感激しました、そして旨い!
東信地方の鶏料理のなかの白眉です。