2020年09月

バイク、初のタイヤ交換

去年から私が乗っているバイク、ホンダクロスカブ110。
IMG_6255

このバイクを買ったのは、信州の峠を走りたかったから。
100の峠走破を狙いましたが、不完全ながら現在92の峠に行ってきました。

走行距離も6000kmを越え、
IMG_6254

残りの峠を目指したいと思った矢先、後輪タイヤの摩耗を発見、
IMG_6252

いつも目にすることができる前輪の摩耗はありませんでしたので気づきませんでした。
IMG_6253

バイクは普段あまり乗らないので、まさか6000kmでタイヤがツルツルになるとは思いもよりませんでした。

早速、ディーラーに行って相談、やはりこのツルツルタイヤではダメ見たいです。
タイヤやオイルをリフレッシュして、残り僅かの峠を目指すことにしました。

信州百峠(葛葉峠、地蔵峠、佐野坂峠、和知場峠、青具峠)

9月21日も天気はまずまず。
昨日ガス欠の心配があって行けなかった葛葉峠へ向かいます。
新潟県境の國界橋へ、
IMG_6127

IMG_6128

そこには慰霊碑が
IMG_6131

平成7年7月、土石流によって周辺の集落が孤立、この国界橋も損傷しました。
その復旧工事をしていた最中の平成8年12月に、冬には信じられないような土石流が起き、14名の尊い命が奪われた時の慰霊碑です。
そして葛葉峠ができたメカニズムがこれ
IMG_6130

姫川の対岸に聳える真那板山が1000年前と500年前に地震で崩落し、姫川を埋め尽くし対岸に作ったのが葛葉峠です。

橋を過ぎ、大所トンネルの手前を左へ上ると峠のようです。
I<br>
MG_6133

快適な登りです。それもそのはず、旧国道148号線です。
ここからは新潟県
IMG_6137

このスノーシェードやトンネルの連続に思い出しました。
昔、糸魚川へ行くのに何度も通った道です。
IMG_6139


葛葉峠に到着
IMG_6140

ここにある旧ドライブインは工事の現場事務所になっているようです。
真那坂山崩落や平成7~8年の土石流の記録が残っています
IMG_6142

IMG_6143

南信の青崩峠の周辺と同じく、糸魚川静岡構造線上にあるこの地も、脆い地盤の上にある土地、こんな苦労が付いて回るのでしょう。

坂を新潟側へ下ると
IMG_6147

昔見たことのある大仏が
IMG_6148

現在の大規模トンネルができる前は、糸魚川へ行くときに目にする象徴でした。

国道を折り返し、新小谷橋を渡ってから左折、大糸線の下をくぐって右へ、
IMG_6151

地図上で発見した新目的峠=地蔵峠へ行きます。
県内に何か所もある地蔵峠、私が行った中にも木曾、松本市四賀、そしてここと3か所あります。
案内板の深原の下に(地蔵峠)と小さく表記してあります。
IMG_6152

深原に着いて、偶然お会いした人に道を聞くと「自分はこの頃行ってみないから道路の状態は分からないけど、熊やイノシシが出るから気を付けて」
かなりビビります。

林道深原線に入ります。
IMG_6156

舗装はしてあるけど鉄板を敷き詰めた道から
IMG_6157

細いほうの左側へ
IMG_6176

濁沢を渡り
IMG_6158

こんな道に、熊が出そう⁉
IMG_6159

追分、右へ3,3kmで峠
IMG_6160

そしてこんな道
IMG_6162

ここも塩の道、千国街道
IMG_6165

番小屋跡、峠口まで1,1km もう少しです。
IMG_6169

白井沢を渡る。
IMG_6171

峠口に着きました、ここから峠まで1,3km、こんな感じで行けるかな?
IMG_6174

その曲がり角を少し行くと錆びた鎖が張ってありました。
IMG_6175

残念!これ以上行けません。
熊に合わなくてよかった、という気持ちもありましたが、長いトレイルでしたがここで引き返します。
葛葉峠、地蔵峠


次の目標は青木湖周辺です。
白馬に向かって引き返し、昼食をどうする?
観光客がかなり入っています。コンビニのトイレににも10人以上の長い行列、今日も青空のもとで弁当を食べるか⁉
白馬のデリシアで、久しぶりのスーパー弁当を購入、
IMG_6177

信州産キノコのご飯弁当380円、昨日と同じ白馬グリーンスポーツの森で食しました。
IMG_6178


佐野坂から青木湖に抜けるトンネルの手前を右へ、
IMG_6181

そこにもちょっと古いトンネル、その手前に左へ入る道が、
IMG_6183

入ってみます、草ぼうぼう、旧道の雰囲気、
IMG_6184

あっけなく元の国道へ出てしまいました。
古いトンネルを抜けるとすぐに青木湖の湖面が出迎えます、
IMG_6185

一応峠の近くを掠めたはず、制覇は次に持ち越しです。

青木湖の南まで下って左へ、
IMG_6189

直進すれば和知場峠のはずです。
やっぱり道が狭くなります、峠の雰囲気
IMG_6191

眼下には青木湖、雲が無ければ鹿島槍ヶ岳が一望のもとに見えるはず。
IMG_6195

峠には簗場スキー場のリフトが、和知場峠到着。
IMG_6196

佐野坂峠、和知場峠


青具方面へ下ります、登りより長い下り道
IMG_6199

県道33号線に出ました、そこを北、左へ行きます。
IMG_6204

美麻トンネル
IMG_6206

この山の上に峠あり。
引き返した橋の下に旧道を発見、
IMG_6207

下って橋の下をくぐります。
IMG_6208

現在も使われている道です、
IMG_6209

小さく峠の看板、青具峠着、
IMG_6211

バス停の名前も「峠」
IMG_6212

北へ下ると県道と合流、
IMG_6214

低い峠でした、後で調べたところ合流地点が786m、峠の標高が842m、比高56mの峠でした。
青具峠


今日の目標は一応完了、県道を引き返し、県道31号線を大町方面へ行こうと思います。
IMG_6216

その角には古い民家が、
IMG_6218

旧中村家住宅、県内で現存する建築年代が明らかな住宅としては最古です。
建てたのは元禄11年(1698)、青具峠村の名主を13代にわたって務めた名家です。

大町方面へ、新行を目指します、
IMG_6224

新行の種山商店
IMG_6230

以前、大町で開催されたジビエの講習会でイノシシを提供してくれたお店です。
その角を左折、県道353号線、今の道と並行して青具方面へ抜けていきます。
IMG_6231

ポカポカランド美麻の角に出て
IMG_6235

道の駅小川
IMG_6237

や中条を経て、白馬長野有料道路に自然に入ってしまいます。
125cc以下は料金20円、
IMG_6241

国道19号線に交わり
IMG_6242

一路松本へ帰りました。


この日の走行距離は188km、所要時間は7時間でした。









信州百峠(乙見山峠、湯峠)

9月20日、日曜日でこれから連休。
朝6時からの女鳥羽川清掃に出仕して、一休み、10時に出発。
今日と明日は大町以北の峠を目指します。泊まりは佐野坂の予定。

松本駅前の丸善にて不足の2万5千分の一地図を購入後、県道51号線を池田から大町方面へ、
IMG_6075

そして大町から白馬、小谷方面へ国道148号線を
IMG_6076


白馬に着いたのは昼時、思いのほか観光客が多いので飲食店は密かな? と思いコンビニおにぎりを購入。
白馬グリーンスポーツの森にて昼食。
IMG_6078

空いていたバーベキューサイトで昼寝もできました。

小谷を過ぎて県境真近、中土トンネルと平倉トンネルの狭間を右折して小谷温泉方面へ、
IMG_6080

ループ僑の向こうには小谷温泉山田旅館、
IMG_6085

小谷の名湯で一風呂、という誘惑もありましたが、今日の目的は峠、スルーします。

雨飾荘手前を右へ行くと乙見山峠、
IMG_6087

妙高小谷線起点の標識
IMG_6108


日本でも有数の豪雪地帯、春も遅くまで通行止め、土砂崩落などで夏季でも通行できない年もありますが、今回はOKでした。初っ端は快適に見える道。
IMG_6088

夏の豪雨で土砂に晒されたのか、砂の残った橋を渡り
IMG_6090

乙見山峠3,9kmの標識
IMG_6092


5~6年前に走った際は、殆どがダートで、大きな石がゴロゴロ、タイヤがパンクしないか?とこわごわ通った思いがありましたが、その後快適に舗装されたのか?
しかし、甘くはなかった! ダートに突入。
IMG_6093

ちょっと深山幽谷の趣、これでこそ乙見山峠、せいぜい時速20km、傾斜も急になりました。
IMG_6094


ダート部分は約2km。乙見隧道に到着。ここが乙見山峠です。
IMG_6095

ここが長野県と新潟県の県境、朽ち果てた長野県の標識が、
IMG_6097

登りのダートで荷台にくくったかごが脱落、ありあわせのゴムバンドなどで応急修理となりました。
ダートの激しさが分かります。

約200mのトンネルを抜けると妙高側
IMG_6099

妙高の山々
IMG_6102

峠にいる間に車が2台通過、この峠にしては通行量が多い日です。
車載のトリップメーターによると雨飾荘から峠まで8,3kmそのうち2kmがダートでした。

ここから妙高側へ降りれば峠制覇ですが、妙高の麓までの道のりが長い! ということで引き返します。
雨飾山も姿を現しました。
IMG_6107


雨飾荘から別ルートを湯峠方面へ
IMG_6110

この先が鎌池、湯峠方面
IMG_6111

鎌池に立ち寄って
IMG_6112

鬱蒼としたブナ樹林を潜り抜け
IMG_6113

鎌池、如何にも熊が好みそう、
象徴的なブナの木
IMG_6116


鎌池からさらに奥へ、通行止はどこからか?
IMG_6117

残念ながら500m程でシャットアウト。
IMG_6118

地図上では1km程で湯峠に行けるらしい。

帰りに見つけた石碑
IMG_6120

明才堰の記念碑、
峻険な地形と豪雪地帯であるこの中谷川一帯から北小谷三か村に向けて灌漑用水路を開設、80haを灌漑したが、雪害や崩落で人手もかかり、昭和60年代に閉鎖された堰ということ。
明治の明と、主唱者の横川才蔵の才をとって明才堰と名付けたらしい。

この後糸魚川との県境にある葛葉峠を目指しましたがガソリン切れ、日曜日ということで小谷村のスタンドは全て閉店、白馬でやっと給油して佐野坂へ
今日の宿「ユースビラ白馬とおみ」にたどり着きました。
IMG_6122


今日の走行距離は159km 所要時間は6時間30分でした。

乙見山峠、湯峠

乙見山峠はこの地図のもっと右側、しかし険しい知見が分かります。











合鴨農法(その3)

合鴨農法のその後、
合鴨が泳ぎ回っていた田んぼが刈り取りを終わって
DSC_1649

合鴨さんも手持無沙汰、
DSC_1648

これで彼らもお役御免か?
これからは農家の人が言っていた鴨鍋になる運命が待っている⁉

近隣の田んぼも借り入れの真っ最中です。
DSC_1655

稲刈り機も立派になったものです。
DSC_1652


機械で刈り取った田んぼと、ハゼ掛をしている田んぼ、
稲穂だけを回収し、機械乾燥する米、ハゼ掛をして、天日干しをして食べる米、隣り合った田んぼでも、その持ち主によってか、自家消費の米か、市場に出す米かによって収穫の様相も様々です。
DSC_1653

信州百峠(梨子野峠、恋路(小路)峠、根の上峠)木曽の桟

9月12日です。
今日は松本へ帰りますが、昨日妻籠ツアーに行った奥さんから「木曾の恋路峠に行ってきた」と聞いて、恋路峠?それはもしかしたら小路峠では? と思い、宿の女将さんに木曽の案内をいただいたところ、恋路=小路と判明、また案内図上には根の上峠の記載も。ということで南木曽から木曽を抜けて帰ることに。

国道256号線を南木曽方面へ、そこで昨日から気になっていたのが梨子野峠、清内路の集落から入れそうです。
国道架橋の下を潜り抜け
DSC_1586

こんな道を行くと
DSC_1587

ありました。清内路関所⁉
DSC_1588

この峠は1500年ごろにはできていたらしいです。下伊那と木曽路を結ぶ街道として様々な人が往来していた。織田信長麾下の森長可や、サツマイモでおなじみの青木昆陽、幕末には武田耕雲斎などの水戸浪士もこの道を抜けたといいます。

清内路街道の急坂を上ります。
DSC_1591

車の幅ギリギリ、日が差さない道は落ち葉が堆積し不気味に湿っています。
DSC_1595

こんな道では戻るに戻れません。ヘアピンカーブがあり、そこはやっとのことでUターンできそう。

そこには沢が、
DSC_1594

アンコ沢、サンショウウオが生息しているそうです。
DSC_1593

これから先は車では怖い! 次回はバイクで峠を上ろうと思います。
完登できませんでしたが、梨子野峠の標高は1172mです。
梨子野峠

ちなみに、これから読もうと思っていた本。
IMG_6071

「義烈千秋天狗党西へ」の中に、
梨子野峠や清内路峠が記載されていました。
IMG_6069

武田耕雲斎等の天狗党の面々の思いを抱いて、今度は梨子野峠を完登したいものです。


昨日上れた清内路峠、今日はゲートが閉まっています。
DSC_1596

工事車両が入っていたので行けたのでしょう。国道旧道であっても管理が厳しいですね。

南木曽で国道19号線に出て十二兼の柿其橋から恋路峠を目指します。
柿其渓谷
DSC_1601

こんなつり橋があり
DSC_1602

こんな渓谷、
DSC_1604

つり橋の先を登れば恋路峠らしいのですが、車道がありました。
いつでも旅は楽なほうがいい、のポリシーで行きます。
恋路峠にはあっけなく着きました。
DSC_1611

この峠、本来は小路峠、艶っぽい名前が良い?と恋路峠に改名か?

大桑村から見た恋路峠、南木曽町と大桑村の境をなす峠です。
DSC_1613

中央アルプスの眺望が効きます。
DSC_1615

この峠、柿其渓谷と阿寺渓谷の間にある峠。
今日の新聞で、阿寺渓谷で水遊びをしていた2人が溺れて亡くなったそうです。
このところの雨で水量が増したことと、元々高地から流れてくる水は冷たくて、夏であっても心臓に悪いようです。
恋路(小路)峠の標高は822m
恋路峠


次に向かうのは根の上峠、野尻宿と三留野宿を結ぶ峠です。
国道沿いのデイリーストア脇から上ります。
DSC_1634


のぞきど森林公園方面へ
DSC_1617

中山道が林道の随所を横切っています。
DSC_1620

のぞきど森林公園と分岐して右が歴史の道
DSC_1623

中山道も地図上では平坦でも、実際は難儀な山道。
DSC_1626

やっと根の上峠。
DSC_1627

ここも林道を中山道が横切っています。

与川の三差路を右へ、
DSC_1628

ここにも中山道、昔の旅人の困難さが分かります。
DSC_1629

根の上峠は奥深い、現在の国道はほぼ平坦、それに比べて旧道のアップダウンの激しいこと。
根の上峠の標高は840m。JR木曾野尻駅の標高が522mですから300m以上の標高差です。
根の上峠


上松で昼食、一路松本の前に、未だ見てない木曽の桟(かけはし)を、
上松⇔木曽福島は現代的なハイウエーになっていますが、下って昔の国道へ、
DSC_1638

ここが木曽の桟
DSC_1640

旧国道の足元に、慶安年間(1650年ころ)からの石積が残っています。
DSC_1641


ということで2泊3日の下伊那、木曽路の旅でした。
今日の走行距離は118km、約6時間の所要時間でした。













記事検索
プロフィール

hongokeiniku

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ