2016年05月

異界への入り口?

山歩きの途中、木の間から差し込んだ朝日に輝く空間を発見!
IMG_3843

一瞬ギョ! としたものの美しい蜘蛛の巣でした。

昔の人が山の中で偶然射し込んだ光に照らされた蜘蛛の巣を異界への入り口?と想像したかどうか?
考えすぎでしょうか?

春朧

雨が上がり晴天の朝です。
出社前に東の山に登って北アルプスを遠望。
IMG_3732

雪が解け始めて雪形ができるころです。そしてこの時期が田植えの適時。

常念岳をくっきりと映したいのですが
IMG_3731

春朧のため冬場のようにはいきません。
でも朝一番にこんな光景を楽しめるということは幸せ者です。

両国界隈

東京で泊まったホテルが浅草橋、朝の散歩で新発見!
IMG_3688

ホテルの裏には神田川、ここにも屋形船の泊りがあり、なんとここが柳橋!
向こうに見える橋がその名のとおり柳橋、その橋の向こうが隅田川、そして対岸は両国、場所名と地図が合致してきました。

両国橋を渡ると、これも有名ももんじや、ジビエ料理の江戸時代版です。
IMG_3695

ももんじやの前には赤穂浪士でおなじみの大高源吾の石碑があり、この裏に討ち入りの吉良上野介の屋敷があったそうです。

我々古い鶏肉業界では老舗の鳥喜=トリキのビルも、
IMG_3696


両国の駅に近づくと、大関霧島が経営するちゃんこ屋さん
IMG_3698


そして両国といえば国技館
IMG_3700

序の口?の若いお相撲さんが頻繁に通ります。

そして行ってみました江戸東京博物館
IMG_3703

ちょうど真田丸の特別展をやっていました。
中では演芸も見せてもらい
IMG_3705

思いで深い両国散歩。

歩き回ってお腹もすいて、両国駅前の小路を入った小汚い?餃子屋さんへ
IMG_3717


恐々入ったけれど大当たり!

ニラレバ炒めも
IMG_3714

餃子も
IMG_3715

松本の餃子の店と同じくらいの大きさですが、味はあっさり、いくつでも食べられます。
100個の餃子を1時間以内に食べれば無料になるそうですよ。
そして磐梯山ラーメン、これもさっぱり美味しいです。
店構えからして怪しげ、そしてギトギトですが、こんな店を見つけることは生き甲斐です!

そして江戸東京博物館で奥さんが買った東京時代MAP
IMG_3722

これは柳橋、両国界隈。  現在の地図と
IMG_3721

IMG_3720

江戸時代の地図がセットに、現在の地図はトレーシングペーパーに書いてあるのでその変遷がバッチリ分かります。

これからはこの地図片手に下町を歩くぞ!



三社祭の浅草

浅草に着くといつもより人がたくさん出ています。
新仲見世を歩いていたら法被を着た人がたくさん押し寄せてきました。
そのうち、
IMG_3410

神輿が目の前ぎりぎりを通りすぎます。熱気が凄い!

何と三社祭とご対面!
IMG_3592

若い女性もいなせにに神輿を担いでいます。
IMG_3626


本来の三社祭は来週だそうですが、鳥羽伊勢サミットとかぶり、警備に支障が出るため今週に前倒しされたそうです。運の良いこと!

そのあとは浅草散策。
浅草寺の五重塔とスカイツリーのそろい踏み、
IMG_3668


まるごとにっぽんは残念ながら閉店後でした。
IMG_3670


テレビにもよく出てくる捕鯨船
IMG_3676


そして私にとっての浅草は牛筋煮込みの「正ちゃん」
IMG_3678

残念ながらネタ切れで閉店、三社祭に参加していたらしく店員さんもバテ気味でした。
正ちゃんはまるごとにっぽんの前、ということはまるごとにっぽんの場所は以前の場外馬券場。

今この通りは煮込み横丁
IMG_3679

祭りの法被を着た人たちがたくさんたむろして凄まじい熱気と喧騒です。

尚も歩いていると路上に手形が
IMG_3683

IMG_3684

渡哲也や緒方拳、小林幸子などなどの手形がずらり!

浅草公会堂でした。
IMG_3685


戦前の浅草にタイムスリップしたような賑わいと喧騒に包まれた活気に酔いしれました。


隅田川クルーズ

若冲展をあきらめて駆け付けた浅草は吾妻橋、ここが屋形船クルーズの発着点です。
IMG_3414

5時半にスタート、
船の中はこんな感じ、
IMG_3416

各テーブルには料理が満載、
IMG_3415

天婦羅は揚げたてが出てきます、それも食べ放題!

飲み物も飲み放題
IMG_3539

約2時間のクルーズで、レインボーブリッジの先まで往復運航。

駒形橋から厩橋をくぐり抜けます。天気は良いのですが船は結構揺れます。船酔いは大丈夫か?
IMG_3419


豊洲の中央市場が建設中
IMG_3428


レインボーブリッジをくぐり抜けて、お台場
IMG_3452

橋の上から見る風景とは違います。

フジTV
IMG_3456


ちょうど夕日が沈みます。
IMG_3474

川遊びの真骨頂というべきか!

再びレインビーブリッジをくぐり抜け
IMG_3483


帰路へとつきます。
勝鬨橋
IMG_3508

実際に橋げたが上下するところを見たいものです。

東京スカイツリーに迎えられて
IMG_3561

景色と酒にいさかか酔いましたが船酔いは大丈夫、満足な船旅でした。





livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ