2016年04月

小樽地元民御用達グルメ

小樽へ行った目的の一つに「なると」があります。
IMG_3221

北海道名物「若鶏半身揚げ」この店が発祥のようです。
IMG_3226

東京にも繁盛店がありますし、松本でも売っていますが、ここのは旨い!
塩コショウをした半身を一晩寝かせてから揚げるそうですが、熱の通りを良くするための隠し包丁の入れ方なども堂にいったものです。
ちなみにこのお店は前金制、待っていても誰もオーダーを取りに来てくれません。

そしてスイーツの銘店「あまとう」
IMG_3304

私が泊まったホテルの真ん前にありました。
ここの名物が「クリームぜんざい」
IMG_3306

私はSサイズを頼みましたが、あんことクリームの按配が最高、大きなサイズを頼めばよかったと後悔。

そして腹を満たすための定番が「どんど」の「焼そば」
IMG_3308

駅前のNAGASAKIYA地下にあるファーストフードのお店です。
このお店はテイクアウトのお客さんも沢山あります。
女将さんに「このお店有名なんですね」と聞いたら可愛く照れてくれました。

小樽と言えば寿司! と考えるみなさん、寿司以外のグルメも豊富な小樽へ是非行きましょう。

小樽へ行ってきました

小樽へ初めて行ってきました。
松本空港から12時半に出て新千歳まで1時間半、JRでそこから1時間半で着いてビックリ! 早いものです。
IMG_3268

小樽でおなじみと言えば運河と倉庫群
IMG_3256


ですが、商業施設として観光客でにぎわっている倉庫からしばらく歩くと、
IMG_3210

渋い昭和初期に建てられた倉庫や

IMG_3216

これまた渋すぎる旧日本郵船の小樽支店、

何と、日露戦争のあとで、樺太を割譲=日本の領土にするための国境画定会議がこの建物で開かれたとか。樺太を東西に分断するあの真っ直ぐな国境線を思い出します。
IMG_3218

IMG_3285

この海を越えれば異国だということが、私たち内陸の人間にもひしひしと伝わってきます。

ちなみに、松本でこの点々を見れば
IMG_3263

カラスか雀のフンだと思いますが、ここではカモメのフンでした。



松から茸?

天気が良すぎるので山を見たいと伊深城址へ。

何気なく松の幹を見ると
IMG_3174

小さな茸がテラテラと輝いていました。

IMG_3175

何という茸でしょう? 触ったところかなり固いスポンジーさ加減です。

でもこれが本当の松茸???

隠れ家的イタリアン「みたに」

友人3人で夫婦同伴ランチ会を開きました。

場所は白板、ちょっと目につきにくい道路から小路を入ったところ
IMG_3157

門を入ると普通の家庭のような店です。
IMG_3158


ランチと言ってもメニューはコース一種類のみ。

まずは前菜
IMG_3159

イタリア風オムレツやピクルス、自家製のパンの上にはパプリカの煮物

自家製の生ハムは牛肉です。
IMG_3160

スモークをたくさん浴びた場所と少ない場所で色合いが微妙に違います。
これで2人前、我々には量が多すぎ、できればこの店の名物と言われている自家製ベーコンも少し盛り合わせてほしかった。

そしてこのお店の名物がこれ!
IMG_3161

自家製ベーコンのピザです。ベーコンは流石美味しい、下のバンズはクロワッサンのように多層になってサクサクです。

白麗茸のスープです。
IMG_3163


パスタは5種類から選べます。
私はブッタネスカ、トマトソースベースのナポリの名物。
IMG_3164


最後のデザートならぬドルチェも5種類からセレクト
IMG_3171

私はアップルパイのジェラート載せを頂きました。

コーヒーと共に店主の心付け? 
IMG_3173

こんな心遣いがお客さんの心をくすぐるのでしょうか!

料理で5000円、夜はこれのメイン料理が加わるようです。
予約のお客さんのみの対応、この日は私たちだけでしたが、貸切でゆっくりと会話も楽しめました。



戸谷峰

私が住んでいる旧本郷村の北の守り=戸谷峰(旧本郷と旧四賀の境)に登りました。
IMG_3050

登山口は三才山トンネルの手前、野間沢橋、標高は丁度1000m。左手の鉄の階段が出発点です。

かなりの急登、ガレ場や沢の底も進みながら71番鉄塔に出ます。
IMG_3053

この登山路は中電の鉄塔保守のための道を兼ねているようです。

鉄塔から頂上が見渡せました。
IMG_3054

頂上が見えると登る気力が俄然アップ!

頂上到着!
IMG_3057

標高1629mということは629mの高さ=スカイツリーより高く、東京タワーの倍近い比高です!

登山路を見下ろせば今まで辿ってきた鉄塔がはるか下に見えます。彼方の山は美ヶ原。
IMG_3060

満足感いっぱい! 昼のおにぎりの美味しかったこと!

残念ながら春霞がかかって北アルプスも靄のかなた、
IMG_3066

登り2時間、下り1時間少しの満足散策でした。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ