2013年09月

日本橋のランチ

日本橋でランチを食べるなんてめったに有りません。

目に付いたCAFEに飛び込みました。

黒板に今日のメニューが、
メニュー

もちろん頼むのはチキンメニュー、

最初に出てきたのはジャガイモのビシソワーズ、
ビシソワーズ

おなじみ、冷たいスープです、まあまあの味。

そしてメインディッシュ、鶏ももと手羽元をコンフィにしてあります。
フランスパンが2切れ付いています。
チキンのコンフィ

ナイフで触るだけでホロホロとほぐれます。

これに飲み物が付いて1500円、日本橋という立地の中での価値は?

日本橋 三越本店 初出店

この堂々たるライオン、
三越ライオン

おなじみ、三越のライオン像です。

いよいよ日本橋の三越に山賊焼が初出店しました。
25日~30日までの1週間です。
本館地下1階で『秋の飛騨美濃、信濃特集』の一環です。

今回は
山賊焼の高級バージョン=信州黄金しゃも手羽先の山賊焼
先日誕生した山賊焼専用鶏の骨付き山賊焼
そしていつもの定番、信州福味鶏の山賊焼
信州味噌かしわ焼きや鶏飯おにぎりもありますよ。
日本橋三越催事


さすが三越本店は雰囲気も違います。流れる空気もなぜかしっとり、お客様もせかせかしていません。

是非お越しください!

あおさぎ

半月ほど前も見かけたのにシャッターチャンスを逃して撮れなかった鳥を見つけたのでパチリ。
あおさぎ


さぎ(鷺)であることは分かりますが、何さぎ?
調べてみました、アオサギのようです。
中国東北部で繁殖し、東南アジア、日本南部などへ冬季に渡ってくる鳥のようですが、本州では留鳥として1年中見かけることができるようです。
鷺ってコウノトリ科なんですね。

町内歴史散歩

松本って良いですね、散歩をしていてもあちこちで歴史を感じます。

安原町の町内歴史MAP,
安原歴史MAP

この町内だけでも様々な歴史遺物がありますね。

信州大学構内にある旧歩兵五十連隊糧秣庫、木立の中のレトロな雰囲気が良いですね。
歩兵50連隊看板

歩兵50連隊糧秣庫

日露戦争を契機に編成された歩兵50連隊、現在の信州大学、同病院などのある場所に設営されていました。

橋倉家住宅、江戸時代後期の下級武士の住宅だということですが、だいぶ手を入れてありますね。
橋倉家看板

橋倉家


こちらは有名、高橋家住宅、
高橋家看板

高橋家

これも江戸時代の下級武士の住宅、建築当時の雰囲気が良く出ています。

散歩もただ歩いているだけでは面白くありません。その昔の人たちの暮らしに思いをめぐらせながら歩くのも一興ですね。

ミラノ風カツレツのコース料理

久しぶりに入ったロイヤルホスト、今流行の安さが売りのフアミレスとは一線を画した少々お高いが落ち着ける路線で頑張っています。
先日のがっちりマンディーにも社長さんが出演、日経MJの記事にも掲載されていました。
日経記事



記事を読んでいたので、もちろん目に付いたのはイタリアンフェア、
イタリアンメニュー

2000円を越すお値段が吉と出るか凶と出るか!

最初は水牛のチーズがメインの前菜、
水牛のチーズ


そしてブイアベース?をイメージしたスープとパン、パンはオリーブオイルで頂きます。
魚介スープとパン


メインに出てきたのが豚肉のミラノ風カツレツ、
ミラノ風カツレツ

上には厚くチーズのソースをまとっています。

ミラノ風カツレツといえば薄さが命、カットしてみると、
ミラノ風断面

かなり厚い! そのうえパン粉に油が染み込んでベチャベチャです。
軽い食感でパリッと食べられるのが身上なのにこれではいけません。

お値段も凶と出てしまいました。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ