信州百峠(75)野辺山峠、平沢峠、三国峠、大蔵峠 2022年08月09日13:42 

このところ信州百峠も頭打ち。停滞の原因は目標がはっきり見えないからです。
今までに訪ねた峠は164峠。
200峠まであと36の峠をきちんとフォーカスしなければなりません。
「信州百峠」の本には、訪ねた峠以外の信州の峠も収録されているので、その中で自動車あるいはバイクで行かれそうな峠をピックアップしました。
DSCN0755

うれしいことに45の峠が俎上に乗りました。
とりあえず、これらを目標にいけば200峠に届きそうです。
それにしても、やはり中信の峠はまわりつくしたことがはっきり、遠出を覚悟で行かねばなりません。

8月6日、8時前に出発。
今回、私一人だけで旅するとひがむ人が我が家に一人いるので、温泉に一泊する計画。
車でいける峠を見繕うと、川上村、野辺山方面の四つの峠。奥蓼科で泊まることにして、二日目は諏訪方面の三つの峠を目標にします。

三才山峠を抜け、武石の国道152号線を気になる峠? 名無しの峠を目指します。
DSCN0564

この先峠、何度も通って気にはなっていましたが、名前が分かりません。
DSCN0565

見事な峠地形、長和町から立科へと抜けます。
DSCN0568

その先で佐久方面へ、直進すれば芦田宿から雨境峠へ行く道でもあります。
DSCN0569

佐久からは佐久穂方面、信玄が信濃攻略の初期に進軍してきた佐久往還へと入ります。
DSCN0570

小海町から野辺山方面へは急なつづら折り、上り切ると野辺山高原。
DSCN0575

やはり1000mを越える高地だけあって、霧が出てきました。
あれっ! ぼやっ~としている間に山梨県に入ってしまいました。
DSCN0576


野辺山峠は県境に近いはずですが、JR最高地点と近接する所だということで戻ります。
ここか!
DSCN0582

峠の標識は無し、JR最高地点への矢印と赤岳、横岳への登山口とあるだけです。
しかしここが野辺山峠(1375m)でしょう。

そしてここがJR最高地点の踏切、
DSCN0588

ここも標高1375mと出ていますが、実際の感覚では国道の方が2~3m高そうです。
そしてJR最高地点神社
DSCN0591

DSCN0589

日本人は何でも神社にしてしまいますね。
ちょうど小海線の電車が通過、小淵沢行です。
DSCN0592

何故か、この踏切にも「第3甲州街道?」
DSCN0594


これからは人里離れた場所へ行く?ので、10時半ですが早めの昼食をJR最高地点の立派な石碑が建っている踏切際の休憩所へ、なぜかここには幸せの鐘もあります。
DSCN0597

分かりました! この鐘は、今日のように霧にかすんだ時に鳴らす鐘だ。

休憩所のメニューはそばとおやきのみ。
天ぷらそばとなす味噌おやきで早めの昼食、休憩所の人に情報収集。
休憩所脇、ホテルとの間の道を左折して、突き当りのT字路を右へ行けば平沢峠とのこと。

T字路に突き当たり
DSCN0600

道標には、平沢、胴塚、獅子岩、これで間違いなし。
DSCN0601


ほんの500m程で平沢峠(1450m)着。
DSCN0602

何でもここは、かのナウマン博士がフォッサマグナの構想を発送した場所とか!
DSCN0603

平沢古道(佐久往還)の説明
DSCN0604

旧佐久往還の踏み跡
DSCN0617

獅子岩
DSCN0610

そしてここは分水嶺でもあります。
DSCN0611

平沢側へ少し下ると胴塚、
DSCN0615

武田信玄、16歳の初陣で甲州からここへ進軍。頑強に抵抗する海ノ口城主 平賀源心を打ちとり、胴だけをここへ埋めたとか。
野辺山側はさほどの高低差はありませんが、平沢側はかなりの勾配、ここを降りて平沢の集落へ、
DSCN0618


ここまで来ると、小海からの急激な登り、そしてここからのかなりの下り、そんな天然の要害に信州は守られていることが分かります。同じ峠とは言っても千差万別、雨境峠のように平坦路? と勘違いしてしまう峠もあります。
平沢峠から下ると野辺山電波天文台。
DSCN0621

野辺山駅への道筋にあったのが、信州大学野辺山ステーション
DSCN0623

大学院時代の同僚が勤務しているはず、土曜日だけどいるかな?
残念ながら、彼は伊那の農学部へ転勤したそうです。

川上村へ、
DSCN0624

川上村の高原野菜畑
1659847024314


川上村の県道68号線の最奥、梓山から左へ、三国峠へ向かいます。
DSCN0629

林道梓山線、日本基橋から向かうのも3回目です。
DSCN0650

畑も無くなり、前回も前々回も引き返した地点に近づきました。
DSCN0631

路面の荒れ具合も前回と同じ、大丈夫かな?
ちなみに前回引き返した時の写真。
3841dfca-s


無事、前回の地点は通り越したものの、三国峠方面には雲が湧いています。
DSCN0633

行けるかな? カーブを曲がるたびにドキドキです。
DSCN0634


やはり三国峠は手強い、3度目の正直でやっと着きました! 三国峠(1740m)
DSCN0641

しかし、峠の向こうは?
DSCN0643

大岩が転がる峠の切通を抜けると、
やはり埼玉側は通行禁止、夢に見た?中津川林道へは降りられそうにありません。
DSCN0640

切通から川上村側
DSCN0645

ここは往時の峠の風情を留めているのが救いです。
帰りは山あいからレタス畑が望めます。
DSCN0649


川上村へ降り立ち、役場の側にあった川上犬展示舎をのぞこうか? と思いましたが、役場が改築工事中、展示舎はもうありません、の声にガックリ。
せっかくなので川上村名物「レタスアイス」「ジャージー牛乳アイス」で休息。
DSCN0653


今日の目的地はあと一つ、大蔵峠へ。
千曲川を渡り
DSCN0656

下流の橋(工事中)のたもとを右へ登ります。
DSCN0659

僅かに登ったところで南牧村へ、
DSCN0661

ほんの100m程で最高地点か?
峠の表示も何もありませんが、地図上ではここが大蔵峠(1206m)。
DSCN0663

県道68号線、これは今でも生きている生活道路です。
やはり南牧村方面へは急な下り坂です。
DSCN0665

ちょっと迷った挙句、出たところは最初に写真を撮った南牧村入り口でした。
DSCN0574


ここからは麦草峠(2120m)を越えて奥蓼科へ
DSCN0670


今日の宿「明治温泉」
DSCN0673

宿の開業は明治21年、だから明治温泉ではありません。「明らかに治る」から明治温泉だそうです。
DSC_0242

浴槽は三つ、冷泉、ぬる湯、内湯。
DSC_0249

暗くて見えませんが、右が冷泉、これが源泉で25℃。奥がぬる湯、左手前が内湯。
冷泉と内湯を交互に入ります。最初冷泉は冷たすぎて躊躇しますが、ジッ~と入っていると冷たさが薄れ気持ち良か~ となります。冷泉の打たせ湯も効能がありそう。
確かに良い湯!です。

夕食は高原野菜満載の健康料理。
DSC_0259


この温泉、結構良いですよ!
また来たいな。

この日の走行距離は223km、7時間半の旅程でした。





















信州百峠(74)殿土峠、別所峠、舞田峠 2022年08月01日14:23 

7月31日,日曜日。
天気も良くてバイク日和です。

松本周辺に、新たな峠はありません。周辺を探ってみると、別所温泉と青木村を隔てる山の越に峠を発見しました。
殿土峠、ネットで探ってみると、そのまた東側に舞田峠や横山峠もありそうです。

三才山トンネルを抜けて、鹿教湯温泉街へ
DSCN0416

そこから青木村へ
DSCN0419

県道12号線、丸子信州新線
DSCN0421

このまま行けば沓掛温泉や別所温泉にも通じる道ですが、その前に通行止め、でも予告、とあります。
DSCN0427

行けるところまで下ってみましょう。

草付きの悪路、でも舗装がかろうじて残っています。
DSCN0429

半分以上が北向きで湿った悪路には枝や岩塊が転がっています。
日向と日陰の陰陽の差で暗いところが見通せません。
いやにタイヤの効きが悪い道を突破するだけに神経を使っているうちに林道を出ました。
林道沢山線、終了。
DSCN0431


その脇には南への枝道がありました。
DSCN0432

そして沢山池を経て
DSCN0435

一般道に出てホッ!  左=野倉方面へ。
DSCN0437


野倉集落、今までにも来たような記憶が。
別所温泉から鹿教湯へ抜ける際に通った道です。
DSCN0441

別所を目指しますが、新しい道筋を発見、左へ。
DSCN0446

林道竹の尾線、別所温泉森林公園、まつたけ資料館。
DSCN0457


そして別所の街へ降り立ちました。
DSCN0459

名所、北向観音とは反対側へ
DSCN0463


安楽寺、ここから殿土峠は始まっているようです。
DSCN0465

まずは安楽寺にある国宝三重塔を拝観しましょう。
蓮の花が満開
DSCN0485

安楽寺境内
DSCN0469

斜面を少し上ると国宝、八角三重塔。
DSCN0481

DSCN0478


安楽寺山門に入ってすぐ、北向きに上っていく細い道が峠へと続いているようです。
DSCN0486

すぐに目に入ったのが
DSCN0487

山本宣治記念碑

その案内文、
DSCN0488

山本宣治=山宣とは戦前の労農党代議士。
戦争や治安維持法に反対し、別所での講演は1000名を集めたといいますが、その講演から4日目、東京で右翼によって暗殺されました。
山宣の功績を称えるため、別所柏屋別荘の斉藤房雄氏がこの碑を建立、しかし当局の追求激しく、碑を地中に隠し、戦後になって日の目を見ることになったということです。
大きな時代の変転を感じます。

安楽寺の裏へと続く急坂を
DSCN0493

木漏れ日の落ちる美しい道ですが、「ここより先は安楽寺境内となりますので、立ち入らないでください。」 
DSCN0494

まだ先へ行けそうですが、ここで断念。青木村側から再アプローチと行きますか。

東へと走り、舞田から左へ、
DSCN0496

舞田峠方面、道も広いし、峠も低そうです。
DSCN0497

あっけなく舞田峠(535m) 標識は無し、でもこここでしょう。
DSCN0498

青木側へと下りますが、そこで発見!
「仁古田飛行機製造地下工場跡」
DSCN0500

昭和20年6月、軍部は飛行機工場を疎開させるため、この地に地下工場の建設を開始。
8月には敗戦で工事中止となった遺構です。
少しわき道に入ると、コンプレッサー土台跡
DSCN0501

この先地下壕
DSCN0503


上田市仁古田から青木村へ
DSCN0504

道の駅直前にありました、殿土入口バス停
DSCN0506

そしてこの地は、東急グループを興した五島慶太生誕の地。
DSCN0507


ちょうど昼前、道の駅あおきで昼食。
DSCN0509

味処こまゆみにて
DSCN0512

ここでも上田名物?「馬肉うどん」をチョイス。

しばしの休憩の後、道の駅目の前の道を殿土へ。
DSCN0514

あの鞍部が殿土峠か?
DSCN0517

旧道を発見、案内には別所峠1,3kmとあります。
DSCN0521

県宝日吉神社を過ぎ、
DSCN0522

鹿イノシシ防止柵をくぐり
DSCN0525

案内には別所峠直進
DSCN0527

こんな道ですが、道の真ん中に水路が浅く掘られているので走りにくし!
DSCN0528

休憩所に着きました。ここが殿土峠(690m)のようです。
DSCN0529

案内には、この道筋に五島慶太の生家があったようですが、見過ごしました。
DSCN0532


バイクでもギリの道を進みます。
DSCN0534

別所峠(710m)着。
DSCN0535

峠風景
DSCN0537


その先を別所、安楽寺へと下りられるのか?
DSCN0538

かなり細くて急こう配、降り出したら止まりそうにありません。
今日の峠探訪はここで終了。

麓に降りてバイクを点検。
後輪が限界近くまですり減っています、これでは滑るはずです。
このバイクでの走行距離は1万キロ少々、今までにも一回のタイヤ交換をしていますので、摩耗が大きい。
DSCN0540


横山峠?と思しき道を通って別所へ、峠らしさが全くないので、私としては峠と認められません。
DSCN0554

別所から野倉へ戻り、県道177号線を鹿教湯へ
DSCN0556

豆石峠?どこだろう?
DSCN0557

1台の車とすれ違うだけの道を
DSCN0558

ここが峠? 青木村境です。
DSCN0560

朝入った沢山峠入口を過ぎ
DSCN0561

鹿教湯から家路につきました。

殿土峠周辺
DSCN0867

舞田峠周辺
DSCN0868


所要時間5時間40分 走行距離は99kmでした。











寺井尚子来る! 2022年07月24日11:27 

7月23日、待ちに待ったジャズバイオリニストの寺井尚子が松本にやってきました!
DSC_0212

私は音楽などの興味はあまりありませんが、寺井尚子はユーミンと並んで特別な存在。

そのコンサートがキッセイ文化ホールであり、奥さんと聞きに行きました。
やはりリアルの圧倒的な迫力、寺井尚子の情熱的なバイオリン、酔いしれました。
熱演の中で2度もバイオリンの弦が切れるというハプニングもあり、最後はスタンディングオベーションで幕を閉じました。
DSC_0215

演奏曲は
DSC_0218

そして帰りには3枚のCDも
DSC_0219

ゆっくりと聞きほれるつもりです。






記事検索
プロフィール

hongokeiniku

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ