飛騨から木曽周遊,そして夜半の地震! 2021年03月12日17:49 

今年になってから初のブログアップです。
4か月にわたってアップしないと、新たにするのが億劫で、でもこのままにしてしまうと終わってしまう! それに春の息吹を感ずると信州百峠にも再挑戦し、150峠を目指してみたいという意欲も沸々とわいてきます。

ということで、3月10~12日に白骨温泉に連泊する、その中日の11日に、宿でゆっくり温泉と読書三昧を満喫するという奥さんを残して、白骨⇒安房を通って新穂高温泉⇒高山⇒長峰峠から開田⇒木曽町から木祖村⇒乗鞍高原⇒白骨へというルートで中部山岳を周遊しようと思い立ちました!

白骨からはスーパー林道が、国道とは別にありました。宿で確認すると「多分閉鎖されている」との答え、でも確認のため行ってみると
DSC_2167

やっぱりダメでした。

高速道路並みの安房トンネルを抜けても面白くないと安房峠へ、やっぱり冬季閉鎖中
DSC_2168

トンネルを抜けて平湯側の出口もこの残雪です。
DSC_2169


新穂高温泉で見たかったのがこれ! 新穂高ロープウエイからの光景です。
DSC_2172

穂高連峰の西側の壁、冬の雪壁と抜けるような青空が圧巻です。

ここから予定を変えて神岡周りで行くことに、遠回りにはなりますが、神岡⇒古川間を走ったことはありません。
去年高山⇒古川間は走ったので、ここは未知の道。
神岡と古川の間にあるすごう(数河)峠はまだ雪の中、
DSC_0002


高山では偶然のことに旨いそば屋を発見、
DSC_2178

「ざる蕎麦せと」バイパス沿いのそば屋ですが、こだわり満載
DSC_2180

岐阜県内の在来蕎麦4種類を食べ比べできます。それも半人前でオーダーできるので、私は3種をハーフで。
DSC_2182

最初に出たのが「飛騨そば」
DSC_2183

そして「桃源そば」と「寶そば」 私は飛騨そばが一等賞でした。
しかしどれも旨い! 蕎麦は信州が一番とは言えないですね。

高山からは乗鞍岳と御嶽山の間を抜けて開田高原から木曽へ出ます。
岐阜側から見る御嶽山、その左側を抜けていきます。
DSC_2186

長峰峠からは信州、開田高原からの御嶽山
DSC_2197


木曽町から木祖村へ、この頃になると運転も飽きてきます。
それではと乗鞍高原から白骨へ抜けることで飽きを一掃、
DSC_2201

西日に照らされた乗鞍、そこから白骨温泉へ、
DSC_2205

この日の旅程です、走行距離270km。
久しぶりに走れて爽快!

春になり、バイクで走れることが待ち遠しいですね。

ということで、夕食も美味しくいただいて、後は寝るだけ、という時間帯にグラグラときました。
昨年は上高地周辺で群発地震が多発、宿のマネージャーさんに朝聞いたところ、「昨年末からはほとんど揺れず安心しています」ということで安心していましたが、この期に及んで来ました!
その後も地震⁉ それとも上の階の人がお道化てる?
スマホの情報では震度2ということ、
私は何故か? 揺れに弱い体質化? その後も寝つけず、嫌になっちゃった。

菅江真澄の足跡(本洗馬釜井庵、小曽部川源流) 2020年11月16日10:18 

図書館で何気なく取った新刊本「日本の旅人 菅江真澄」
IMG_7279

菅江真澄とは江戸度中期に東北から蝦夷地を遊歴し、その時代の文物を後世に残した民俗学の先駆けになった人。
この本で菅江と信州の思いがけない縁を知りました。
東北へ旅立つ直前の天明3年(1783)から1年余りを、私の身近の塩尻の本洗馬を拠点として信濃各地に足を延ばしました。
本洗馬で住居としたのが釜井庵
IMG_7246

紅葉が見事でした。
IMG_7280

この釜井庵の左側の軒先を描いたのが
IMG_7249

この絵、七夕の風景らしいのですが、菅江と同じ風景を見ているというだけで充実感です。

本洗馬歴史の資料館が釜井庵に隣接してあります。
そこには菅江の信濃遊覧記
IMG_7237

そして興味深かったのがこの絵
IMG_7240

水戸天狗党の小説を読んだのはつい半月前、
OIPWBZFQQKX

その和田峠での戦いを描いたものが!
みごとに描かれています。これを描いたのは菅江の60年ほど後に諏訪で生まれた俳人の岩波其残、
元治元年11月20日、この日其残は和田峠の藪の中に潜んで天狗党と松本藩、諏訪高島藩との戦闘を実際に見て描いていたといいます。  今でいえば戦場カメラマン! 

釜井庵の庭先から妙義山城という、武田氏に滅ぼされるまでこの地を支配した三村氏の城跡もあります。
IMG_7230

ここから登れますが
IMG_7233

塩尻ではこの頃熊の出没が相次いでいますので私も止めておきます。

釜井庵の近くには、洗馬焼和平の窯元や
IMG_7257

立派なお寺ですね
IMG_7259

長興寺などを巡ったのち

本洗馬から小曾部へ、観音路隧道を抜けます。
IMG_7264

今の時代には珍しい片側通行、車幅ギリギリ!結構気を使いながら抜けます。
後でわかったことですが、この隧道は心霊スポットらしい、そんな雰囲気を漂わせる不気味さがあります。

小曾部は塩尻の奥地の洗馬のもっと奥、小曽部川に沿って上流を目指します。
地図上に峠は見受けられないので峠越えは叶わないようですが、行けるところまで行こう!

集落を抜けてかなり突っ込みます。
落ち葉に覆われた林道を上っていくと
IMG_7272

白滝入り口、
小曽部川も渓流に姿を変えます。
IMG_7268

さらに行くと
からたきの峯登山口、腹もすいたのでここで引き返します。
IMG_7275


今日の腹は蕎麦気分、
IMG_7276

洗馬の芳香庵みのるにて昼食。
天然キノコそば(中盛)1800円也、コウタケも入っていて香ります。
IMG_7278

を食べて体を温めて帰路に着きました。








自然の輪廻 2020年10月30日15:43 

久しぶりに近所の森を散策しました。
夏の間は暑いし、秋になったら熊の出没騒ぎもあって足が遠のいて3か月ぶりくらいです。

しかし森の小径に入って驚きました。
DSC_1793
DSC_1794
DSC_1796
DSC_1797
DSC_1798

以前には無かった倒木がわずか200m程の間にこれだけありました。
松枯れのせいで森が灰色になっていく比率が年々高まっていますが、
DSC_1800

枯れた松の木もしばらくは健気に元の姿を保っていますが、台風やちょっとした風雨に耐えきれず倒れてしまうのでしょう。

これを見た直後は、ブログの題名を「廃れた山」とでもしようと思いましたが、散歩の後半でイメージを変更します。
昔に倒れた松の切株、
DSC_1804

その断面は枯れはててコルクのようになっています。
ちょっと指の力を加えるだけでポロッと崩れます。
DSC_1820

倒れた後、チェーンソーでカットされ、放置された松の木はだいぶ分解が進んでいるようです。
DSC_1805

ここも、
DSC_1795

そして紅葉も美しい!
DSC_1802

ススキやコスモスも秋になれば必ず目を楽しませます。
DSC_1814


刈り取りが終わった田んぼでは稲わらが、来春田んぼに鋤き込まれるのを待っています。
DSC_1816


一服するために立ち寄った住吉神社では
DSC_1810

枯葉が賽銭箱に溜まっています。
DSC_1811

枯葉もまた大地に帰り、新しい命をはぐくむ糧になるでしょう。
フッと足元を見ると、靴紐に小さな草の種がビッシリ!
DSC_1813

これも私が動きまわるうちにどこかで芽を咲かせるのでしょう。


こうしてみると輪廻転生を思い浮かべますね。
廃れるだけでは終わらない、生命の力強さを感じるのは私だけでしょうか⁉

散歩から帰って作った雑キノコにゅう麺、
DSC_1822

このキノコや麺も私の体の中で新しい活力を作ってくれるのでしょう。







記事検索
プロフィール

hongokeiniku

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ